Department of Oral Health Promotion

main_img

PUBLICATIONS

研究業績
(プレスリリース・報告)

  • 原著論文
  • 著書
  • 総説
  • 学会発表・講演
  • 研究助成金
  • 受賞
  • 2019
    2018
    2017
    2016
    2015
    2014
    2013
    2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
    2005
    2004~

    2019

    • 1. Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Akiko Oshiro, Yoko Kawaguchi. Relationship between Medical and Dental Health Expenditures of Industrial Workers Journal of Oral Health and Community Dentistry. 2019; 13(2); 54-58 DOI: 10.5005/jp-journals-10062-0046
    • 2. Aung Ei Ei, Zaitsu Takashi, Oshiro Akiko, Kawaguchi Yoko. Current situation of smokeless tobacco consumption and oral health impact in Myanmar TOBACCO INDUCED DISEASES. 2019; 17; 7 DOI: 10.18332/tid/112098
    • 3. Anish Harshad Kothari, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Application of a Visual Oral Health Literacy Instrument in Elementary Schoolchildren Primary Care Epidemiology and Global Health. 2019.01; 1; 19-29 DOI: 10.33513/PEGH/1801-03
    • 4. 金子昇, 葭原明弘, 濃野要, 山賀孝之, 財津崇, 川口陽子, 宮崎秀夫. 職域における歯科健診と個別保健指導による行動変容 口腔衛生学会雑誌. 2019.01; 69(1); 27-33 DOI: 10.5834/jdh.69.1_27
    • 5. Sachiko Takehara, Jorge L. Zeredo, Yasuhiro Kumei, Kensuke Kagiyama, Kazumasa Fukasawa, Akiko Oshiro, Masayuki Ueno, Noriko Kojimahara, Shunsuke Minakuchi, Yoko Kawaguchi. Characterization of oral microbiota in marmosets: Feasibility of using the marmoset as a human oral disease model. PLoSONE. 2019.02; 14(2); e0207560 DOI: 10.1371/journal.pone.0207560
    • 6. Kaung Myat Thwin,Wa Than Lin,Zar Chi Kyaw Myint,Takashi Zaitsu,Akiko Oshiro,Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Oral Health Status and Oral Health Services Utilization of Myanmar Residents in Japan Myanmar Health Sciences Research Journal, . 2019.04; 31(1);
    • 7. Ei Ei Aung, Akiko Oshiro, Takashi Zaitsu and Yoko Kawaguchi. Relationship of Halitosis Concern with Oral Health Behaviors and Knowledge Among Myanmar People science repository. 2019.10; 1(1); DOI: 10.31487/j.JDOA.2019.01.03
    • 8. Ei Ei Aung, Takashi Zaitsu, Akiko Oshiro and Yoko Kawaguchi. Oral Malodor Knowledge Among Myanmar Dental Students and Young Dentists science repository. 2019.10; 1(1); DOI: 10.31487/j.JDOA.2019.01.02
    • 9. Zar Chi Kyaw Myint, Takashi Zaitsu, Akiko Oshiro, Masayuki Ueno, Ko Ko Soe, Yoko Kawaguchi. Risk Indicators of Dental Caries and Gingivitis among 10-11-year-old Students in Yangon, Myanmar International Dental Journal . 2019.10; DOI: 10.1111/idj.12537

    2018

    • 1. Yuka Shizuma, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Mari Ohnuki, Yoko Kawaguchi. Relationship between self-assessment and clinical evaluation of dental plaque and gingival condition in Japanese adolescents. Int J Dent Hyg. 2018.02; 16(1); 144-150
    • 2. Yen Hoang Thi Nguyen, Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Toai Nguyen, Yoko Kawaguchi. Early childhood caries and risk factors in Vietnam Journal of Clinical Pediatric Dentistry. 2018.05; 42(3); 173-181
    • 3. Masayuki Ueno, Taichi Shimazu, Norie Sawada, Shoichiro Tsugane, Yoko Kawaguchi. Validity of self-reported tooth counts and masticatory status study of a Japanese adult population Journal of Oral Rehabilitation. 2018.05; 45(5); 393-398
    • 4. Masayuki Ueno, Mari Ohnuki, Takashi Zaitsu, Sachiko Takehara, Sayaka Furukawa, Yoko Kawaguchi. Prevalence of halitosis and risk factors in Japanese school children Pediatrics International. 2018.06; 60(6); 588-592
    • 5. Takehara S, Wright FAC, Yoko Kawaguchi, Yuji Ishida, Ikuko Morio, and Junji Tagami. The Impact of Outbound Exchange Programs on Japanese Dental Students 2018.06; 65(2); 99-105
    • 6. Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Effects of oral health education in Myanmar preschool children and guardians Journal of Investigative and Clinical Dentistry. 2018.09; 9(3); e12346
    • 7. Seki N, Kanazawa M, Komagamine Y, Mizutani K, Hosaka K, Komada W, Moross J, Kuroda S, Sunaga M, Kawaguchi Y, Morio I, Kinoshita A. International Dental Education Course for Clinical Expertise at Tokyo Medical and Dental University Graduate School. Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.09; 65; 123-130
    • 8. Takashi Zaitsu, Mari Ohnuki, Chiyoko Hakuta and Yoko Kawaguchi. Association between Masticatory Performance and Exercise Capacity of Adolescents J Oral Hyg Health. 2018.09; 6(3);
    • 9. Wa Than Lin, Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Yuichi Kitasako, Junji Tagami, Yoko Kawaguchi. Erosive tooth wear and its related risk factors among Myanmar residents in Japan Asian Pacific Journal of Dentistry. 2018.11; 18; 21-28
    • 10. Toshiya Kanazawa, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Masticatory performance measured with a chewing gum containing spherical resinous microparticles International Journal of Clinical Preventive Dentistry. 2018.12; 14(4); 256-263

    2017

    • 1. Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno and Yoko Kawaguchi. Effectiveness of silver damine fluoride in arresting early childhood caries in Myanmar preschool children, Global J Oral Sci, 2017; 3: 18-26.
    • 2. Anastasiya Blizniuk, Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Yoko Kawaguchi. Association between self-reported and clinical oral health status in Belarusian adults, J Invest Clin Dent, 2017; 8(2): e12206.
    • 3. Ei Ei Aung, Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Sayaka Furukawa, Yoko Kawaguchi. Effects of tooth brushing, mouth washing and tongue cleaning on three volatile sulfur compounds - A randomized clinical trial -, Int J Oral Health, 2017; 13: 25-31.
    • 4. Takashi Zaitsu, Toshiya Kanazawa, Yuka Shizuma, Akiko Oshiro, Sachiko Takehara, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Relationships between occupational and behavioral parameters and oral health status, Industrial Health, 2017; 55: 1-10.

    2016

    • 1. Ueno M, Sawada N, Inoue M, Tsugane S, Kawaguchi Y. Association between adult’s height and dentition status: JPHC oral health study, Asian Pac J Health Sci, 2016; 3(4S): 81-88.
    • 2. Kaung MT, Zaitsu T, Ueno M, Kawaguchi Y. Early childhood caries and related risk factors among Myanmar preschool children, Int J Clin Prev Dent, 2016; 12(4): 229-236.
    • 3. Blizniuk A, Furukawa S, Ueno M, Kawaguchi Y. Evaluation of English websites on dental caries by using consumer evaluation tools, Oral Health Prev Dent, 2016; 14(4): 363-369.
    • 4. 財津崇、長岡玲香、竹原祥子、大城暁子、植野正之、川口陽子.労働者健康状況調査からみたわが国の労働者の歯科保健状況、日本歯科医療管理学会雑誌、2016年、51巻1号、46₋53ページ.
    • 5. Rani H, Ueno M, Zaitsu T, Kawaguchi Y. Oral malodour among adolescents and its association with health behaviour and oral health status, Int J Dent Hyg, 2016; 14(2): 135-141.
    • 6. Komori S, Zaitsu T, Takehara S, Ueno M, Kawaguchi Y. The relationship of salivary viscosity with halitosis, Int J Clin Prev Dent, 2016; 12(1): 13-22.

    2015

    • 1. Samnieng P, Palasuk J, Zaitsu T, Ueno M, Kawaguchi Y. Oral malodor and its related factors in edentate elderly with and without dentures, Int J Clin Prev Dent, 2015; 11(4): 217-224.
    • 2. Ei Ei A, Zaitsu T, Ueno M, Kawaguchi Y. Relationship of Oral Health Knowledge, Behavior and Status with Self-Perceived and Clinical Oral Malodor among Dental Patients, J Dent Health Oral Disord Ther, 2015; 3(2): 00083.
    • 3. Ueno M, Zaitsu T, Ohnuki M, Takayama A, Adiatman M, Kawaguchi Y. Association of a visual oral health literacy instrument with perceived and clinical oral health status in Japanese adolescents, Int J Health Promo Educ, 2015; 53(6): 303-314.
    • 4. Ei Ei A, Ueno M, Zaitsu T, Kawaguchi Y. Oral health behaviors and related factors in Myanmar population, Dental Health, 2015; 1(1): 101.
    • 5. Blizniuk A, Ueno M, Zaitsu T, Kawaguchi Y. Association of oral health literacy with oral health behaviour and oral health status in Belarus, Community Dental Health, 2015; 32(3): 148-152.
    • 6. Ueno M, Ohara S, Sawada N, Inoue M, Tsugane S, Yoko Kawaguchi. The association of active and secondhand smoking with oral health in adults: Japan public health center-based study, Tob Induc Dis, 2015; 13:19.
    • 7. Rani H, Ueno M, Zaitsu T, Furukawa S, Kawaguchi Y. Factors associated with clinical and perceived oral malodor among dental students, J Med Dent Sci, 2015; 62(2): 33-41.
    • 8. Ueno M, Zaitsu T, Ohara S, Wright FAC, Kawaguchi Y. Factors influencing perceived oral health of Japanese middle-aged adults, Asia Pacific J Public Health, 2015; 27(2): NP2296-NP2304.
    • 9. Ei Ei A, Ueno M, Zaitsu T, Furukawa S, Kawaguchi Y. Effectiveness of three oral hygiene regimens on oral malodor reduction: a randomized clinical trial, Trials, 2015; 16:31.

    2014

    • 1. Blizniuk A, Ueno M, Furukawa S, Kawaguchi Y. Evaluation of a Russian version of the oral health literacy instrument (OHLI), 2014; 14: 141.
    • 2. Ueno M, Takeuchi S, Takehara S, Kawaguchi Y. Saliva viscosity as a potential risk factor for oral malodor, Acta Odontologica Scandinavica, 2014; 72(8): 1005-1009.
    • 3. Ohnuki M, Ueno M, Zaitsu T, Kawaguchi Y. Taste hyposensitivity in Japanese schoolchildren, BMC Oral Health, 14: 36, 2014.
    • 4. Ueno M, Takayama A, Adiatman M, Ohnuki M, Zaitsu T, Kawaguchi Y. Application of Visual Oral Health Literacy Instrument in Health Education for Senior High School Students, Int J Health Promo Educ, 52(1): 38-46, 2014.
    • 5. Zaitsu T, Ohta T, Ohshima H, Mukai C. The Importance and Necessity of Space Dentistry, Transactions of The Japan Society for Aeronautical And Space Sciences, Aerospace Technology Japan, 12, No. ists29,Tp7-9, 2014

    2013

    • 1. Adiatman M, Ueno M, Ohnuki M, Hakuta C, Shinada K, Kawaguchi Y. Functional tooth units and nutritional status of older people in care homes in Indonesia, Gerodontology, 30(4): 262-269, 2013.
    • 2. Ueno M, Ohara S, Inoue M, Tsugane S, Kawaguchi Y. Association between parity and dentition status among Japanese women: Japan public health center-based oral health study, BMC Public health, 13:993, 2013.
    • 3. Takeuchi S, Ueno M, Takehara S, Pham AV T, Hakuta C, Morishima S, Shinada K, Kawaguchi Y. The relationship between turbidity of mouth-rinsed water and oral health status, Acta Odontologica Scandinavica, 71(1): 183-188, 2013.
    • 4. Ueno M, Takeuchi S, Oshiro A, Kawaguchi Y. The Relationship Between Oral Health Literacy and Oral Health Behaviors and Clinical Status in Japanese Adults, J Dent Sci, 8(2): 170-176, 2013.
    • 5. Samnieng P, Ueno M, Zaitsu T, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y. The relationship between seven health practices and oral health status in community dwelling elderly Thai, Gerodontology, 30(4): 254-261, 2013.
    • 6. Ueno M, Takeuchi S, Samnieng P, Morishima S, Shinada S, Kawaguchi Y. Turbidity of mouthrinsed water as a screening index for oral malodor, Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol, 116(2):203-209, 2013.

    2012

    • 1. Mori C, Hakuta C, Endo K, Nariai T, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y. The effects of professional oral health care on patients in the subacute stage of emergent neurosurgical disorders, Spec Care Dentist, 32(6): 259-264, 2012.
    • 2.Ueno M, Ohara S, Inoue M, Tsugane S, Kawaguchi Y. Association between education level and dentition status in Japanese adults: Japan public health center-based oral health study, Community Dentistry and Oral Epidemiology, 40: 481-487, 2012.
    • 3.Pham TAV, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y. Factors affecting oral malodor in periodontitis and gingivitis patients, Journal of Investigative and Clinical Dentistry, 3: 284-290, 2012.
    • 4.Ueno M, Izumi Y, Kawaguchi Y, Ikeda A, Iso H, Inoue M, Tsugane S. Pre-diagnostic Plasma Antibody Levels to Periodontopathic Bacteria and Risk of Coronary Heart Disease. International Heart Journal, 55: 209-214, 2012.
    • 5.Ueno M, Shinada K, Zaitsu T, Yokoyama S, Kawaguchi Y. Effects of an oral health education program targeting oral malodor prevention in Japanese senior high school students, Acta Odontologica Scandinavica, 70: 426-431, 2012.
    • 6.Samnieng P, Ueno M, Shinada K, Zaitsu T, Wright FAC, Yoko Kawaguchi. Daily variation of oral malodor and related factors in community-dwelling elderly Thai, Gerodontology, 29: e964-971, 2012.
    • 7.Pham TAV, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y. Comparison between self-perceived and clinical oral malodor, Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod, 113: 70-80, 2012.
    • 8.Samnieng P, Ueno M, Shinada K, Zaitsu T, Wright FAC, Kawaguchi Y. Association of hyposalivation with oral function, nutrition and oral health in community-dwelling elderly Thai, Community Dental Health, 29: 117-123, 2012.

    2011

    • 1.Zaitsu T, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y. Relationship between Social Anxiety Disorder and Halitosis, International Journal of Clinical Preventive Dentistry, 7: 25-32, 2011
    • 2.Zaitsu T, Ueno M, Shinada K, Ohara S, Wright FAC, Kawaguchi Y. Association of clinical oral health status and self-rated oral health and GOHAI in Japanese adults, Community Dental Health, 28: 297–300, 2011
    • 3.Pham TAV, Ueno M, Zaitsu T, Takehara S, Shinada K, Lam PH, Kawaguchi Y. Clinical trial of malodor treatment in patients with periodontal diseases, J Periodont Res, 46: 722-729, 2011
    • 4.Pham TAV, Ueno M, Shinada K, Yanagisawa T, FAC Wright, Kawaguchi Y. Periodontal Disease and Related Factors Among Vietnamese Dental Patients, Oral Health Prev Dent, 9: 185-194, 2011
    • 5.Samnieng P, Ueno M, FAC Wright, Kawaguchi Y. Oral Health Status and Chewing Ability is Related to Mini-Nutritional Assessment Results in an Older Adult Population in Thailand, Journal of Nutrition in Gerontology and Geriatrics, 30: 291-304, 2011
    • 6.Ohnuki M, Shinada K, Ueno M, Zaitsu T, FAC Wright, Kawaguchi Y. Exploring taste hyposensitivity in Japanese senior high school students, Journal of Investigative and Clinical Dentistry, 2: 1-7, 2011.
    • 7.Hashizume LN, Shinada K, Kawaguchi Y. Factors associated with prevalence of dental cariesin Brazillian schoolchildren residing in Japan, Journal of Oral Science, 53: 307-312, 2011.
    • 8.Zaitsu T, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y. Social anxiety disorder in genuine halitosis patient, Health and Quality of Life Outcomes, 9: 94, 2011
    • 9.市場有子,埴原鉱行,藤原正美,平山知子,数野恵子,森嶋清二,品田佳世子,川口陽子:固相マイクロ抽出用注射針及GC/MSを用いる口気中低級脂肪酸の分析,分析化学,Vol.60(2),143-148,2011.

    2010

    • 1.Konishi C, Hakuta C, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y: Factors associated with self-assessed oral health in the Japanese independent elderly, Gerodontology, 27(1)53-61,2010
    • 2.Yanagisawa T, Ueno M, Shinada K, Ohara S, Wright FA, Kawaguchi Y: Relationship of smoking and smoking cessation with oral health status in Japanese men ,Journal of periodontal research, 45(2),277-283 , 2010
    • 3.Shinada K, Ueno M, Konishi C, Takehara S, Yokoyama S, Zaitsu T, Ohnuki M, Wright FA, Kawaguchi Y:Effects of a mouthwash with chlorine dioxide on oral malodor and salivary bacteria: a randomized placebo-controlled 7 day trial. Trials, 12, 11:14, 2010
    • 4.Ueno M, Takeuchi S, Oshiro A, Shinada K, Ohara S, Kawaguchi Y: Association between diabetes mellitus and oral health status in Japanese adults, International Journal of Oral Science, 2:82-89, 2010.
    • 5.Yokoyama S, Ohnuki M, Shinada K, Ueno M, Wright FAC, Kawaguchi Y: Oral malodor and related factors in Japanese senior high school students, Journal of School Health, 80:346-352, 2010.
    • 6. Takehara S, Yanagishita M, Podyma-Inoue KA, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Relationship between oral malodor and glycosylated salivary proteins, J Med Dental Sci, 57:25-33, 2010.
    • 7. Yanagisawa T, Ueno M, Shinada K, Ohara S, Wright FAC, Kawaguchi Y: Validity of self-reported masticatory function in a Japanese population, Journal of Dental Health, in press, 2010.
    • 8. Thuy AV Pham, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Kayoko Shinada, Khanh D Ngo, Phuong H Lam, FA Clive Wright, Yoko Kawaguchi: Oral Malodor and Related Factors among Vietnamese Dental Patients, International Journal of Clinical Preventive Dentistry, 6(2),63-71, 2010
    • 9. Thuy AV Pham, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Kayoko Shinada, Khanh D Ngo, Phuong H Lam, FA Clive Wright, Yoko Kawaguchi: Oral Malodor and Related Factors among Vietnamese Dental Patients, International Journal of Clinical Preventive Dentistry, 6(2),63-71, 2010
    • 10. Ueno M, Zaitsu T, Shinada K, Ohara S, Kawaguchi Y: Validity of self-reported number of natural teeth in Japanese adults, J Invest Clin Dent, 2010, in press.

    2009

    • 1.Jigid B, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Early childhood caries and related risk factors in Mongolian children. Community Dent Health, 26: 121-128, 2009.
    • 2.Ueno M, Yanagisawa T, Shinada K, Ohara S, Kawaguchi Y: Category of functional tooth units in relation to the number of teeth and masticatory ability in Japanese adults. Clin Oral Investig, 14(1):113-119, 2009.
    • 3.Yanagisawa T, Marugame T, Ohara S, Inoue M, Tsugane S, Kawaguchi Y: Relationship of smoking and smoking cessation with number of teeth present: JPHC Oral Health Study. Oral Dis, 15(1): 69-75, 2009.
    • 4.Hakuta C, Konishi C, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Evaluation of an oral function promotion programme for the independent elderly in Japan. Gerodontology, 26(4):250-258, 2009.

    2008

    • 1.Ueno M, Shinada K, Yanagisawa T, Mori C, Yokoyama S, Furukawa S, Takehara S, Kawaguchi Y: Clinical oral malodor measurement with a portable sulfide monitor. Oral Dis, 14(3):264-269, 2008.
    • 2.Ueno M, Yanagisawa T, Shinada K, Ohara S, Kawaguchi Y: Masticatory ability and functional tooth units in Japanese adults. J Oral Rehabil, 35(5):337-344, 2008.
    • 3.Shinada K, Ueno M, Konishi C, Takehara S, Yokoyama S, Kawaguchi Y: A randomized double blind crossover placebo-controlled clinical trial to assess the effects of a mouthwash containing chlorine dioxide on oral malodor. Trials, 9:71, 2008.
    • 4.Furukawa S, Ueno M, Itoh R, Shinada K, Kawaguchi Y: Coverage of Tobacco-related Oral Diseases in Japanese Newspapers. International Journal of Oral Health, 4:3-11, 2008.
    • 5.Furukawa S, Mori C, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Association of Smoking Status with Oral-health-related Daily Life Difficulties among Japanese Male Workers. Journal of Dental Health, 58(1):33-43, 2008.

    2007

    • 1.Shinada K, Tagashira M, Watanabe H, Sopapornamorn P, Kanayama A, Kanda T, Ikeda M, Kawaguchi Y: Hop bract polyphenols reduced three-day dental plaque regrowth. J Dent Res, 86: 848-851, 2007.
    • 2.Ueno M, Yanagisawa T, Shinada K, Ohara S, Kawaguchi Y: Prevalence of oral malodor and related factors among adults in Akita Prefecture. J Med Dent Sci, 54:159-165, 2007.
    • 3.Nango R, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Trends in Dental Utilization and Dental Practice in Japan. Dentistry in Japan, 43:91-94, 2007.
    • 4. Sopapornamorn P, Ueno M, Shinada K, Yanagishita M, Kawaguchi Y: Relationship between total salivary protein content and volatile sulfur compounds levels inmalodor patients. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod, 103:655-660, 2007.

    2006

    • 1.Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Coverage of fluoride mouthrinse articles in Japanese newspapers. Int J Oral Health, 3:3-9, 2006.
    • 2.Otsuru J, Ueno M, Shinada K, Spolsky VW, Maida CA, Kawaguchi Y: A Comparative Study of Oral Health Status in a Migrant / Japanese Sample. J Med Dent Sci, 53:27-33, 2006.
    • 3.Sopapornamorn P, Ueno M, Shinada K, Vachirarojpisan T, Kawaguchi Y: Clinical Application of a VSCs Monitor for Oral Malodor Assessment. Oral Health Prev Dent, 4:91-97, 2006.
    • 4.Liu XN, Shinada K, Chen XC, Zhang BX, Yaegaki K, Kawaguchi Y: Oral Malodor Related Parameters in the Chinese General Population. J Clin Periodontol, 33:31-36, 2006.
    • 5.Sopapornamorn P, Ueno M, Vachirarojpisan T, Shinada K, Kawaguchi Y: Association between oral malodor and measurements obtained using a new sulfide monitor. J Dent, 34:770-774, 2006.
    • 6.Hashizume LN, Shinada K, Kawaguchi Y: Dental caries prevalence in Brazilian schoolchildren resident in Japan. J Oral Sci, 48(2):51-57, 2006.
    • 7.柳澤智仁, 古川清香, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 新聞に掲載された口臭関連の記事について. 口病誌, 73(2):177-183, 2006.
    • 8.渡邊英明: 舌苔の微細構造に関する観察. 口病誌, 73(1):26-39, 2006.

    2005

    • 1.Abe S, Furukawa S, Shinada K, Kawaguchi Y: Coverage by Japanese newspapers of oral health messages on the prevention of dental caries. J Med Dental Sci, 52(1):17-25, 2005.
    • 2.Vachirarojpisan T, Shinada K, Kawaguchi Y: The Process and outcome of a programme for preventing early childhood caries in Thailand. Community Dent Health, 22(4):253-259, 2005.
    • 3.Sugiura G, Shinada K, Kawaguchi Y: Psychological well-being and perception of stress amongst Japanese dental students. Eur J Dent Educ, 9:17-25, 2005.
    • 4.柳澤智仁, 品田佳世子, 川口陽子: 男子中学生・高校生の口臭と歯の着色に関する意識調査. 口病誌, 71(1):56-61, 2005.
    • 5.南郷里奈: わが国における歯科受診状況および診療内容の推移-1994年以降における診療行為別診療報酬額の分析を中心として-. 口腔衛生会誌, 55(5):586-599, 2005.
    • 6.古川清香, 徳永 涼, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: 本学学生の喫煙習慣および喫煙に関する意識調査. 口病誌, 72(3):201-208, 2005.
    • 7.田村道子: 成人における口腔健康習慣と口腔保健状況との関連. 口腔衛生会誌, 55(4):173-185, 2005.
    • 8.西山佳秀: 訪問歯科診療を受診した患者の要介護状態と口腔内状況の変化. 口病誌, 72(2):172-182, 2005.

    2004~

    • 1. Vachirarojpisan T, Shinada K, Kawaguchi Y, Laungwechakan P, Somkote T, Detsomboonrat P: Early Childhood Caries in Children Aged 6-19 Months. Community Dent Oral Epidemiol, 32:133-142, 2004.
    • 2. 遠藤圭子, 近藤圭子, 吉田直美, 品田佳世子, 川口陽子: 歯科衛生士学校生の昼食後のブラッシング中止体験学習と効果. 日歯教誌, 19(2):51-57, 2004.
    • 3. Koinuma H, Inada M, Sekiguchi G, Tamamori Y, Sekiguchi M, Yamazaki T, Shinada K: Oral cabiy evaluation of mentally Ⅲoutpatients using a saliva testing system. Dentistry in Japan, 40: 155-157, 2004.
    • 4. Cariño KMG, Shinada K, Kawaguchi Y: Early childhood caries in northern Philippines. Community Dent Oral Epidemiol. 31(2):81-89, 2003.
    • 5. Hashizume LN, Lima YB, Kawaguchi Y, Cury JA: Fluoride availability and stability of Japanese dentifrices. J Oral Sci, 45(4) :193-199, 2003.
    • 6. 大鶴次郎, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: 港町歯科における在日外国人の歯科受領行動に関する実態調査. 口腔衛生会誌, 53(1):30-37, 2003.
    • 7. 阿部 智, 有明幹子, 品田佳世子, 川口陽子: 東京都内における小児およびその保護者のフッ化物配合歯磨剤の利用状況. 口腔衛生会誌, 53(2):121-129, 2003.
    • 8. Saito H, Kawaguchi Y: Halitosis prevention campaign: a report of oral health promotion activities in Japan. Int Dent J, 52:197-200, 2002.
    • 9. Hashizume LN, Shinada K, Kawaguchi Y, Yamashita Y: Sequence of ultrastructural changes of enamel crystals and Streptococcus mutans biofilm in early enamel caries in vitro. J Med Dent Sci, 49(2):67-75, 2002.
    • 10. 鯉沼 哉, 稲田 穣, 関口五郎, 玉盛康香, 関口 緑, 山崎統資, 品田佳世子: 外来精神病患者の唾液性状検査による口腔内環境の評価. 障歯誌, 23:515-521, 2002.
    • 11. 有明幹子, 品田佳世子, 遠藤圭子, 近藤圭子, 吉田直美, 川口陽子: 学生の歯科保健状況と生活習慣,食生活との関連性.口病誌, 69(4):290-295, 2002.
    • 12. 三浦佳子, 下山和弘, 溝口玲子, 俣木志朗, 黒﨑紀正, 品田佳世子, 川口陽子: 定期的に歯科健診と口腔ケアを受けていた成人の歯の状況. 口病誌, 69(4):285-289, 2002.
    • 13. 品田佳世子, 近藤圭子, 遠藤圭子, 吉田直美, 三浦佳子, 溝口玲子, 笠井美香子, 荒木孝二, 黒﨑紀正, 川口陽子: 歯科衛生士学校学生の歯科保健指導による患者の口腔内状況の変化について. 日歯教誌, 18(1):116-119, 2002.
    • 14. 品田佳世子, 有明幹子, 阿部 智, 川口陽子: 新聞に掲載された「食に関する健康情報」について. 口病誌, 69(3):202-206, 2002.
    • 15. 畠山隆信: 白血球,自律神経系の自覚症状および気分尺度の変動指標による関連性の検討. 日歯心身, 17(1):1-13, 2002.
    • 16. Morio I, Kawaguchi Y, Miura H, Eto K: Graduate Education Reform at Tokyo Medical and Dental University. Dentistry in Japan. 37:190-196, 2001.
    • 17. 森尾郁子, 川口陽子, 須田英明, 江藤一洋: 国際交流に関する歯学部学生の意識調査. 日歯教誌, 16(2):147-151, 2001.
    • 18. 園田秀一, 長澤宏和, 小泉智宏, 笠井美香子, 根津由加利, 三浦宏之, 天笠光雄, 田上順次, 川口陽子: 沖縄県石垣島における無歯科医地区巡回診療. 口病誌, 68(4):300-306, 2001.
    • 19. 田村道子, 佐藤尚弘, 品田佳世子, 三浦宏之, 川口陽子: 新宿区における在宅歯科訪問診療に関する統計調査. 口病誌, 68(4):307-312, 2001.
    • 20. Morio I, Kawaguchi Y, Suda H, Eto K: Educating overseas students: just another responsibility or a chance to grow for faculty. Eur J Dent Educ, 4:128-132, 2000.
    • 21. Kawamura M, C.David, L.Thomas, Tsurumoto A, Sasahara H, Kawaguchi Y: Lotka’s law and productivity index of authors in a scientific journal. J Oral Science, 42:75-78, 2000.
    • 22. Ohara S, Kawaguchi Y, Shinada K, Sasaki Y: Evaluation of school-based dental health activitiesincluding fluoride mouth-rinsing in Hiraizumi, Japan. J Med Dent Sci, 47:133-141, 2000.
    • 23. Oishi Y, Hatakeyama T, Shimura N: General adaptability and its implications for dental caries. J Psycho Dent, 15:1-11, 2000.
    • 24. 川口陽子, 森尾郁子, 須田英明, 江藤一洋: 東京医科歯科大学歯学部における留学生教育について 第2報 教官対象の質問票調査結果から. 日歯教誌, 15:245-251, 2000.
    • 25. 村野眞佐美, 大原里子, 品田佳世子, 川口陽子, 黒崎紀正: かかりつけ歯科医に関する意識調査と口腔内保健状況. 口病誌, 3353(4):67, 2000.
    • 26. 大垣真紀子, 山崎統資, 鯉沼 哉, 坂口 緑, 小松正弥, 玉盛康香, 笠間千可, 稲田 穣, 品田佳世子: .唾液性状検査システムによる入院精神病患者の口腔内評価. 障歯誌, 21:277-282, 2000.
    • 27. 畠山隆信, 志村則夫, 大石雄一: 歯学部学生に対する患者参加による全人的医療の教育. 医学教育, 31:227-234, 2000.
  • 2019
    2016
    2013
    2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
    2005
    2004~

    2019

    • 1. 川口陽子. 原因不明の口臭が続く. 朝日新聞2019 年1 月23 日号, 2019.01
    • 2. 川口陽子. イヤな口臭、最大の原因は「舌の汚れ」にあり! . プレジデント社, 2019.03

    2016

    • 1. Yoko Kawaguchi, Sachiko Takehara, Yuji Ishida, Kazuhiro Yonemoto. Dental Terminology in 8 Languages. Oral Health Association of Japan, May 2016.

    2013

    • 1. 米満正美,小林清吾,宮崎秀夫,川口陽子編集:新予防歯科学 第4版 補訂「母子歯科保健」「学校歯科保健」「国際歯科保健」,医歯薬出版,270‐281,284‐292,328‐334,2013.1
    • 2. Thomas R.Ward,川口陽子,廣瀬浩二,杉田めぐみ:最新歯科衛生士教本「歯科英語」、医歯薬出版、第1版第7刷、2013.2.20
    • 3. 川口陽子分担著:最新歯科衛生士教本「保健生態学」、医歯薬出版、第1版第12刷、2013.2.20
    • 4. 芝紀代子編集,川口陽子分担著:臨床検査技師 イエロー・ノート臨床編 2nd edition「味覚機能検査、味覚の生理学、味覚障害の原因、味覚機能検査」p.551-553 MEDICAL VIEW 2013.3.10
    • 5. 芝紀代子編集,川口陽子分担著:臨床検査技師 グリーン・ノート臨床編 2nd edition「味覚機能検査」p.300-301 MEDICAL VIEW 2013.8.10

    2012

    • 1. 川口陽子,植野正之,古川清香:息さわやかに Q&A 口臭予防の基礎知識,医学情報社,平成24年11月21日
    • 2. 川口陽子:キシリトール基礎講座 Health Salon No.259, 2012.1
    • 3. 川口陽子:噛ミング30「食育を通じて家族を支援する」 Health Salon No.260, 2012.3

    2011

    • 1.植野正之,川口陽子:「息さわやか外来」における口臭治療の実際、東京都歯科医師会雑誌第59巻第10号,2011
    • 2.植野正之:口臭、新「名医」の最新治療、朝日新聞出版、612-615、2011
    • 3.川口陽子:口臭 Q&Aでわかる「いい歯医者」2012 週刊朝日MOOK 2011.7

    2010

    • 1. 川口陽子, 米満正美, 小林清吾, 宮崎秀夫, 鶴本明久編: 新予防歯科学 第4版, 医歯薬出版, 2010.
    • 2. 川口陽子: すぐに役立つ学校歯科医の活動マニュアル高等学校編, 一世印刷株式会社, 2010.
    • 3. Yoko Kawaguchi, Ueno Masayuki, Takashi Muto, Toshitaka Nakahara, Eun Woo Nam: Asian Perspectives and Evidence on Health Promotion and Education, SpringerLink, 2010

    2009

    • 1. 川口陽子分担著 全国歯科衛生士教育協議会監修:歯科衛生士教本 歯科英語, 医歯薬出版, 2009.
    • 2. 川口陽子分担著 全国歯科衛生士教育協議会監修:歯科衛生士教本 保健生態学, pp302-306, 医歯薬出版, 2009.
    • 3. 川口陽子編, 品田佳世子, 植野正之, 南郷里奈分担著: 「口腔ヘルスケアとライフステージ」,「健康寿命」,「QOL」, 「口臭」,「カウンセリング」,「健康学習理論」,「フォーカスグループインタービュー」口腔保健推進ハンドブック, pp18-26, pp190-191,pp192-194,pp96-97,pp166-167,pp168-169,pp180-181, 医歯薬出版, 2009.
    • 4. 川口陽子監修, 植野正之, 品田佳世子, 大貫茉莉, 財津 崇, 竹原祥子著:「息さわやか」の科学. 明治書院, 2009.
    • 5. 川口陽子: 味覚,生涯教育シリーズ-77高齢者診療マニュアル, 日本歯科医師会雑誌, 138(2): pp86-87,2009.
    • 6. 川口陽子: 留学生教育の現状と課題, 日本歯科医学教育学会雑誌別冊 歯科医学教育白書2008年版, 日本歯科医学 育学会, pp98-103, 2009.
    • 7. 品田佳世子分担著, 鶴本明久, 荒川浩久, 岸 光男, 田村達二郎, 文元基宝, 前田伸子: 知ってて得した!う蝕予防に活かせるエビデンス, 歯科衛生士臨床のためのQuint Study Club. pp10-25, クインテッセンス出版, 2009.
    • 8. 品田佳世子分担著 中央労働災害防止協会編: 健康測定研修 口腔保健. pp179-208, 中央労働災害防止協会, 2009.

    2008

    • 1. 川口陽子分担著,高戸毅,天笠光雄,葛西一貴,古郷幹彦,須佐美隆史,鈴木茂彦,谷口尚,新美成二編:「口臭」口と歯の事典.pp310-318, 朝倉書店, 2008
    • 2. 川口陽子分担著, 芝紀代子編: 「味覚機能検査」臨床検査技師臨床編グリーンノート. pp224-225, MedicalView, 2008.
    • 3. 川口陽子分担著, 宮武光吉, 渡邊達夫, 雫石 聰: 「国際保健」, 衛生学・公衆衛生学. pp243-251, 医歯薬出版, 2008.
    • 4. 川口陽子分担著, 伊藤公一, 細見洋泰, 宮本泰和, 桃井保子, 安田登編: 「セルフケア、プロフェッショナルケア コミュニティケアの推進」 別冊Quintessence Year Book 2008 現代の治療指針 歯周治療と全治療分野編. pp58-61, クインテッセンス出版 , 2008.
    • 5. 川口陽子分担著, 社団法人日本老年医学会編: 老年医学テキスト. pp561-565, MedicalView, 2008.
    • 6. 川口陽子、米満正美, 小林清吾, 宮崎秀夫,編集: 「母子歯科保健」「学校歯科保健」「国際歯科保健」 新予防歯科学 上下 第3版, pp272-283,pp284-295,pp338-345, 医歯薬出版, 2008.
    • 7. 品田佳世子, 川口陽子分担著 田上順次, 花田信弘, 桃井保子編: 学齢期(6~15歳) う蝕学-チェアサイドの予防と回復のプログラム-. pp46-59, 永末書店, 2008.
    • 8. 白田チヨ分担著 伊藤公一, 細見洋泰, 宮本泰和, 桃井保子, 安田登: 在宅高齢者の補綴処置とその限界 在宅で行える義歯の処置とメインテナンス 別冊Quintessence Year Book 2008 現代の治療指針歯周治療と全治療分野編. pp182-183, クインテッセンス出版, 2008.
    • 9. 品田佳世子分担著 中央労働災害防止協会編: 産業保健指導専門研修 口腔保健. pp135-161, 中央労働災害防止協会, 2008.
    • 10. 品田佳世子分担著 中央労働災害防止協会編: 産業栄養指導専門研修 口腔保健. pp86-111, 中央労働災害防止協会 , 2008.

    2007

    • 1. 川口陽子分担著, 全国歯科衛生士教育協議会監修: 「国際」保健歯科衛生士教本「保健生態学」. pp302-306, 医歯薬出版, 2007.
    • 2. 川口陽子分担著, 全国歯科衛生士教育協議会監修: 歯科衛生士教本「歯科英語」. 医歯薬出版, 2007.
    • 3. 川口陽子分担著, 日本口腔衛生学会編: 歯科衛生の動向2007年版. 医歯薬出版, 2007.
    • 4. 川口陽子分担著, 芝紀代子編: 「味覚機能検査」, 臨床検査技師イエローノート臨床編. pp539-541, MedicalView, 2007.
    • 5. 川口陽子分担著,宮崎秀夫編:「口臭の治療法」,口臭診療マニュアル‐EBMに基づく診断と治療‐. pp68-74, 第一歯科出版,2007
    • 6. 志村則夫分担著, 永田勝太郎: 心身医学の診断と治療. 診断と治療社出版, 2007.
    • 7. 植野正之, 川口陽子分担著 宮崎秀夫編: 口臭診療マニュアルEBMに基づく診断と治療 口臭の治療法. 第一歯科出版, pp67-74, 2007.
    • 8. 歯科疾患実態調査報告解析検討委員会(花田信弘, 安藤雄一, 植野正之, 南郷里奈, 柳澤智仁)編: 解説 平成17年歯科疾患実態調査. 口腔保健協会, 2007.

    2006

    • 1. 植野正之, 川口陽子分担著: 特集 口臭 口臭の分類と診断・治療のプロトコール. 第一歯科出版, 2006.
    • 2. 品田佳世子分担著, 野口俊英編著: “プレママの心得”妊娠期の心と身体とお口の健康 これで大丈夫!患者さんへの情報発信 歯周病と全身疾患. 日本歯科評論 The Nippon Dental Revies/別冊2006, pp87-90, ヒョーロン, 2006.
    • 3. 植野正之, 伊藤僚子, 川口陽子分担著: 臨床病理レビュー サプリメントと臨床検査-健康と食の安全性-:食と歯の健康. 克誠堂出版, 2006.
    • 4. 南郷里奈分担著 安藤雄一, 花田信弘, 豊島義博編: コクランレビューの見方・活かし方科学的根拠に基づいた予防歯科 Year Book 2006-2007 あなたの笑顔が見たいから. 別冊Quintessence, pp310-314, クインテッセンス出版, 2006.

    2005

    • 1. 川口陽子分担著 村田憙信監修:「口臭は歯科医院で治りますか」,続待合室読本 知って安心歯のあれこれ-患者さんと歯医者さんをつなぐ本-. ヒョーロン・パブリッシャーズ, pp.98-101, 2005.
    • 2. 川口陽子分担著 可児徳子, 末高武彦編集:「医療面接」, 「ODAによる国際協力」 新社会歯科学. 医歯薬出版, pp.34-45, pp.111-113, 2005.
    • 3. 川口陽子, 土屋和子編集:「学齢期(6~15歳)」,ライフステージからみた患者さんのからだとこころ. デンタルハイジーン別冊,pp46‐58,医歯薬出版, 2005.
    • 4. 川口陽子, 伊藤僚子分担著 松田覚編著:恋愛食 賢い中高生のための素敵な食育. 久美出版, 2005.
    • 5. 品田佳世子分担著 花田信弘編:デンタルハイジーン別冊 ぺリオ・カリエスの予防に活かす抗菌薬・殺菌薬とフッ化物. 医歯薬出版, 2005.
    • 6. 志村則夫分担著 ベラーン・オッカーマン, 出村 博, 佐藤季昭:生命力回復の新医学.保健の科学, 47, pp833-838, 2005.

    2004~

    • 1. 川口陽子, 品田佳世子分担著 予防歯科臨床教育協議会編:「患者の悩みを聞く」,「診療録(カルテ)の書きかた」「口腔内の不定愁訴をもつ患者のメンテナンス」,「歯科で使用する情報通信媒体」予防歯科実践ハンドブック. 医歯薬出版, pp.4-5, pp.18-19, pp.154-155, pp.192-193, , 2004.
    • 2. 川口陽子分担著 伊藤公一, 細見洋泰, 安田 登編:「歯周疾患の予防指針」 別冊Quintessence YearBook 2004 現代の治療指針-全治療分野とペリオドントロジ-. クインテッセンス出版, pp.34-35,2004.
    • 3. 川口陽子分担著 山口 徹, 北原光夫総編集:「口臭」 今日の治療指針2004年版. 医学書院, p1056, 2004.
    • 4. 川口陽子分担著 日本口腔衛生学会編:歯科衛生の動向2004年版. 医歯薬出版, 2004.
    • 5. 川口陽子分担著,フッ化物応用研究会編:う蝕予防のためのフッ化物洗口実施マニュアル. 社会保険研究所, 2003.
    • 6. 川口陽子翻訳, 高江洲義矩監訳:う蝕の診断とリスク予測 実践編. クインテッセンス出版, 2003.
    • 7. 米満正美, 小林清吾, 宮崎秀夫, 川口陽子監修:新予防歯科学 第3版. 医歯薬出版, 2003.
    • 8. 川口陽子分担著, 高江洲義矩編:「医療におけるコミュニケーション技法」,保健医療におけるコミュニケーション・行動科学. pp98-118, 医歯薬出版, 2002.
    • 9. 川口陽子分担著, 高野健人, 伊藤洋子, 河原和夫, 川本俊弘, 城戸照彦, 中谷陽二, 中山健夫, 本橋 裕編集:社会医学事典. 朝倉書店, 2002.
    • 10. 川口陽子分担著:う蝕予防のためのフッ化物洗口実施要領. 厚生科学研究「フッ化物応用に関する総合的研究班」編, 2002.
    • 11. 志村則夫著:対話で人は生まれ変わる. 健康創造の会出版, 2002.
    • 12. 志村則夫著:魂を育てる医療. 善光堂出版, 2002.
    • 13. 阿部 智分担著 日本歯科医師会:「中華人民共和国における在留邦人の歯科医療問題」,海外派遣労働者のための歯科事情と安心ガイド. pp88‐93, 一世印刷, 2002.
    • 14. 川口陽子翻訳, 高江洲義矩監訳:リスクに応じた予防歯科学入門編. クインテッセンス出版, 2001.
    • 15. 川口陽子, 中村譲治, 藤木省三編集:予防歯科・成功への道 ライフステージから捉えたアプローチ. デンタルダイヤモンド社, 2001.
    • 16. 川口陽子監修:知っていますか?フッ素の効果. メディカルランド, 2001.
    • 17. 志村則夫:健やか山梨21 歯科ハンドブックNo2. 山梨県歯科医師会, 2001.
    • 18. 品田佳世子分担著, 田上順次監修:いま注目の歯科器材.,薬剤2002年. 別冊歯界展望,pp181-186, 医歯薬出版, 2001.
    • 19. 川口陽子共著, 石川達也, 高江洲義矩, 中村譲治, 深井穫博編集:かかりつけ歯科医のための新しいコミュニケーション技法, 集団への口腔ヘルスケアとコミュニケーション. 医歯薬出版, 2000.
    • 20. 品田佳世子, 川口陽子共著, 荒川浩久監修:プラークコントロールのためのホームケア指導 口腔リスクとライフステージに応じた最新処方. クインテッセンス出版, 2000.
    • 21. 八重垣 健編,宮崎秀夫, 川口陽子共著:臨床家のための口臭治療のガイドライン. クインテッセンス出版, 2000.
  • 2018
    2017
    2016
    2015
    2013
    2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
    2005
    2004~

    2018

    • 1. 川口陽子. 気になる口臭の話8020 会誌. 2018.02; 17; 38-44
    • 2. Takashi Zaitsu, Tomoya Saito, Yoko Kawaguchi. The Oral Healthcare System in Japan. Healthcare (Basel). 2018.07; 6(3);
    • 3. Ei Ei Aung, Khin Maung, Takashi Zaitsu and Yoko Kawaguchi. An Overview of Oral Health Situation and Challenges in Myanmar Asian Journal of Research in Medicine and Medical Science. 2018.10; 1(1); 1-10

    2017

    • 1. 植野正之、竹原祥子、財津崇、大城暁子、川口陽子.海外諸国における歯科医師免許更新制度と生涯教育制度、日本歯科医療管理学会雑誌、2017年、第52巻第3号、147‐153.
    • 2. 埴岡隆、青山旬、川口陽子、児島美樹、日野出大輔、尾崎哲則、山中玲子、瀬川洋、細見環、田野ルミ、小川祐司、平田幸夫、花田信弘、井下英二、谷口奈央、眞木吉信、於保孝彦.タバコ使用歯科介入の卒前教育への提言―世界の文献レビューと最新の背景から- 口腔衛生学会雑誌第67巻第1号別冊 2017年1月
    • 3. 川口陽子、植野正之:多目的コホート研究(JPHC Study)における口腔と全身の健康に関する研究、8020推進財団、指定研究事業報告、公益財団法人8020推進財団会誌、はち・まる・にい・まる、NO,16、2017年1月

    2016

    • 1. 川口陽子:タバコ対策からコモンリスクファクター対策へ ザ クインテッセンス Vol.35 Vol.1 January.
    • 2. 植野正之、川口陽子:オーストラリア 世界の子どもの歯科事情 第7回 小児歯科臨床 2016年1月号 第21巻第1号 2016.1
    • 3. 竹原祥子、川口陽子:ドイツ 世界の子どもの歯科事情 第8回 小児歯科臨床 2016年2月号 第21巻第2号 2016.2
    • 4. EiEi Aung、Kaung Myat Thwin、川口陽子:ミャンマー 世界の子どもの歯科事情 第9回 小児歯科臨床 2016年3月号 第21巻第3号 2016.3
    • 5. 植野正之、川口陽子:多目的コホート研究(JPHC study)における口腔と全身の健康に関する研究~受動喫煙と口腔の健康~ 8020推進財団 指定研究事業報告、8020 はち・まる・にい・まる、NO,15、111-113、2016.1
    • 6. 財津崇、川口陽子:台湾 世界の子どもの歯科事情 第10回 小児歯科臨床 2016年4月号 第21巻第4号 2016.4
    • 7. 財津崇、川口陽子:タイ大国 世界の子どもの歯科事情 第11回 小児歯科臨床 2016年5月号 第21巻第5号 2016.5
    • 8. Anish Kothari、川口陽子:英国 世界の子どもの歯科事情 第12回 小児歯科臨床 2016年6月号 第21巻第6号 2016.6
    • 9. Nguen Thi Hoang Yen、川口陽子:ベトナム 世界の子どもの歯科事情 第13回 小児歯科臨床 2016年7月号 第21巻第7号 2016.7
    • 10. 上原容子、川口陽子:中華人民共和国(中国) 世界の子どもの歯科事情 第14回 小児歯科臨床 2016年8月号 第21巻第8号 2016.8
    • 11. 益田高行、川口陽子:モンゴル 世界の子どもの歯科事情 第15回 小児歯科臨床 2016年9月号 第21巻第9号 2016.9
    • 12. 財津崇、川口陽子:宇宙や南極など極地環境における歯科の現状と取り組みについて 最近の歯学 口腔病学会雑誌 2016年7月号 83巻第2号 2016.7
    • 13. 竹原祥子、川口陽子:インドネシア 世界の子どもの歯科事情 第16回 小児歯科臨床 2016年10月号 第21巻第10号 2016.10
    • 14. 川口陽子:日本 世界の子どもの歯科事情 第17回 小児歯科臨床 2016年11月号 第21巻第11号 2016.11
    • 15. 川口陽子:児童生徒の口腔認識度を理解するための簡易ツール~口腔描画法の開発と応用~ 日本学校歯科医会会誌 平成28年度 120号 11月

    2015

    • 1. 植野正之、川口陽子. 多目的コホート研究(JPHC study) における口腔と全身の健康に関する研究~出産回数と歯の状況との関連~ 8020 推進財団 指定研究事業報告8020  はち· まる· にい· まる. 2015.01; (14); 108-111
    • 2. 財津崇、川口陽子. 大韓民国(韓国)  世界の子どもの歯科事情 第1回小児歯科臨床. 2015.07; 20(7);
    • 3. 古川清香、川口陽子. シンガポール 世界の子どもの歯科事情 第2回小児歯科臨床. 2015.08; 20(8);
    • 4. 植野正之、川口陽子. 米国 世界の子どもの歯科事情 第3回小児歯科臨床. 2015.09; 20(9);
    • 5. 竹原祥子、川口陽子. デンマーク 世界の子どもの歯科事情 第4回小児歯科臨床. 2015.10; 20(10);
    • 6. Anastasiya Blizniuk、川口陽子. ベラルーシ 世界の子どもの歯科事情 第5回小児歯科臨床. 2015.11;20(11);
    • 7. Haslina Rani、川口陽子. マレーシア 世界の子どもの歯科事情 第6回小児歯科臨床. 2015.12; 20(12);

    2013

    • 1. T.Hanioka,M.Ojima,Y.Kawaguchi,Y.Hirata,H.Ogawa,Y.Mochizuki:Tobacco interventions by dentists and dental hygienists, Japanese Dental Science Review;2013;49:47-56
    • 2. 植野正之、川口陽子:多目的コホート研究(JPHC study)における口腔と全身の健康に関する研究~歯周病と冠動脈性心疾患との関連~ 8020推進財団 指定研究事業報告、8020 はち・まる・にい・まる、NO,12、99-101、2013.1
    • 3. 川口陽子:特集 歯科口腔保健を巡る話題 口臭の臨床と公衆衛生 公衆衛生 医学書院 Vol.77,No.2, February.2013
    • 4. 古川清香、植野正之、川口陽子:喫煙と歯科・口腔疾患 特集:喫煙と健康障害 日本臨床 第71巻・第3号 2013.3

    2012

    • 1. 川口陽子:学校における効果的なオーラルヘルスプロモーションプログラム -口腔描画法および口臭予防プログラムについて-,第6回学校歯科保健アジア大会(ハノイ)抄録:セッション1,日本学校歯科医会会誌111号,71
    • 2. 森尾郁子,鶴田潤,竹原祥子,川口陽子:韓国の歯学教育事情 –教育白書からみた歯科大学の状況-,日本歯科医学教育学会雑誌,43-55,vol.28 No,2 Aug.2012
    • 3. 関奈央子、森尾郁子、川口陽子、田上順次:歯学部における英語教育の必要性について―海外派遣英語準備コース― 口腔病学会雑誌 80巻1号 P.24 2013.3
    • 4. 福井雄二、関奈央子、森尾郁子、川口陽子:本学タイ拠点における学生海外派遣プログラムについて 口腔病学会雑誌 80巻1号 P.24 2013.3

    2011

    • 1. 川口陽子:質問票調査による咀嚼能力評価の妥当性について、8020推進財団 指定研究事業報告、NO,10、99-101
    • 2. 植野正之、川口陽子:「息さわやか外来」における口臭治療の実際、東京都歯科医師会雑誌、Vol. 59、3-14、2011.
    • 3. Masayuki Ueno: Low priority for oral health in Southeast Asia, Dental Tribune, No. 10, Vol. 9, p4, 2011.

    2010

    • 1. 川口陽子:これからの学校歯科保健活動の展開について,東京都学校歯科医会会誌, 73,2-25, 2010.
    • 2. Toshiyuki Nagasawa, Mitsuhiko Noda, Sayaka Katagiri, Maki Takaichi, Yoshihiko Takahashi, Nawarat Wara-Aswapati, Hiroaki Kobayashi, Satoko Ohara, Yoko Kawaguchi, Tadashi Tagami, Yasushi Furuichi and Yuichi Izumi: Relationship between Periodontitis and Diabetes Importance of a Clinical Study to Prove the Vicious Cycle, Internal Medicine, 49:881-885, 2010
    • 3. 柳澤智仁,川口陽子:歯周疾患と喫煙および禁煙状況との関連, 財団法人8020推進財団会誌8020,No.9:113-115,財団法人8020推進財団,2010

    2009

    • 1. 川口陽子: 口臭の診断と治療, 第21回日本歯科医学会総会準備委員会編: めざせ!健・口・美、第21回日本歯科医学会総会, 歯界展望 特別号, 医歯薬出版, 60-64, 2009.
    • 2. 品田佳世子:口臭の原因にはどのようなものがありますか?, デンタルハイジーン, 29(9):979-981, 医歯薬出版, 2009.
    • 3. 品田佳世子, 植野正之, 柳澤智仁, 小西千里, 財津 崇, 大貫茉莉, 川口陽子: 息さわやか外来における口臭治療の現状, 第21回日本歯科医学会総会準備委員会編: めざせ!健・口・美、第21回日本歯科医学会総会, 歯界展望 特別号, 医歯薬出版株式会社, 311, 2009.
    • 4. 植野正之, 財津 崇, 柳澤智仁, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 機能歯ユニットによる咬合・咀嚼状況の評価, 第21回日本歯科医学会総会準備委員会編: めざせ!健・口・美、第21回日本歯科医学会総会, 歯界展望 特別号, 医歯薬出版株式会社, 267, 2009.
    • 5. 柳澤智仁, 川口陽子: 現在歯数と喫煙,禁煙状況との関連-8020の達成を目指して-. 財団法人8020推進財団会誌8020, 8:97-99, 財団法人8020推進財団, 2009.
    • 6. 柳澤智仁, 川口陽子: 歯周疾患と喫煙および禁煙状況との関連. 財団法人8020推進財団会誌8020, No.9:100-102, 財団法人8020推進財団, 2009.

    2008

    • 1. 川口陽子: 高等学校における学校歯科保健活動の展開 -歯周疾患予防のための取り組みについて-.日学誌,101, 2008.
    • 2. 品田佳世子: 特集 受け止めよう患者さんの悩み患者さんの疑問. デンタルハイジーン, 28(5):160-161, 医歯薬出版, 2008.
    • 3. 植野正之, 川口陽子: 現在歯数と臼歯部の咬合状態(FTU)および咀嚼能力との関連について. 財団法人8020推進財団会誌8020, 7:79-83, 2008.

    2007

    • 1. 川口陽子: ブラッシング指導を行うための歯科衛生士としての心がまえ.デンタルハイジーン,27(5):466-469, 2007.
    • 2. 川口陽子: 口臭治療. 東京医科歯科大学 歯科東京同窓会報, 158:18-24, 2007.
    • 3. 川口陽子: 口臭の診断・治療・予防について. 神奈川県歯科衛生士会会報, 41:38-42, 2007.
    • 4. 川口陽子: 食の満足度および歯科保健行動と現在歯数との関連について-多目的コホート研究における歯科疾患の疫学調査から-. 財団法人8020推進財団会報, 6:84-87, 財団法人8020推進財団, 2007.
    • 5. 三浦佳子, 川口陽子: 「息さわやか外来」における口臭診療と歯科衛生士の役割. DHスタイル増刊号, 64-67, デンタルダイヤモンド社, 2007.
    • 6. 埴岡 隆, 稲葉大輔, 平田幸夫, 雫石 聰, 川口陽子: たばこのない世界を目指して 喫煙および禁煙の口腔の健康および歯科治療への影響. 口腔衛生学会雑誌, 57(1):48-53, 2007.
    • 7. 埴岡 隆, 稲葉大輔, 平田幸夫, 雫石 聰, 川口陽子: たばこ箱の画像警告表示への口腔画像の用について. 口腔衛生学会雑誌, 57(2):136-138, 2007.
    • 8. 品田佳世子: 歯周予防からのヘルスプロモーション 妊娠期の歯周病. 公衆衛生, 医学書院, 71(5): 400-404, 2007年.
    • 9. 品田佳世子: 世界の研究に好奇心(World topics) 糖尿病患者におけるメタボリック指標と歯周疾患の重症度との関連. 歯科衛生士, 31(4):96, クインテッセンス出版, 2007.
    • 10. 品田佳世子: 世界の研究に好奇心(World topics) 起床時口臭に対する種々の清掃法の効果に関する研究. 歯科衛生士, 31(8):92, クインテッセンス出版, 2007.
    • 11. 品田佳世子: 世界の研究に好奇心(World topics) 口腔および全身の健康における社会的勾配. 歯科衛生士, 31(12):84, クインテッセンス出版, 2007.
    • 12. 白田千代子: 介護保険と歯科衛生士 介護予防と歯科衛生士 行政での取り組み. 老年歯科医学, 21(4):9, 2007.
    • 13. 竹原祥子,下山和弘: 口唇と頬の構造と機能訓練 口唇と頬に関する基礎知識. 老年歯学, 21(4):403-406, 2007.

    2006

    • 1. 川口陽子: 多目的コホート研究における歯科疾患の疫学研究. 8020推進財団会誌,5:78-80, 財団法人8020推進財団2006.
    • 2. 志村則夫: ウルトラナノバイオの存在. 健康ファミリー, 703:28-31, 2006.
    • 3. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) 歯肉炎,う蝕,歯の喪失は心臓血管疾患や全身疾患のリスク因子か?. 歯科衛生士, 30(4):84,クインテッセンス出版, 2006.
    • 4. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) ガムのキシリトール含有量とミュータンスレンサ球菌抑制効果に関する研究. 歯科衛生士,30( 8):88,クインテッセンス出版, 2006.
    • 5. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) ショ糖存在下で生成したバイオフィルム流動体のCa(カルシウム),Pi(リン)およびF(フッ化物)濃度に関する研究). 歯科衛生士, 12月号:90,クインテッセンス出版, 2006.
    • 6. 植野正之, 川口陽子分担著: 口臭の分類と診断・治療のプロトコール. 歯科医療, 20(1):20-30, 第一歯科出版, 2006.
    • 7. Rina Nango: Formulating Clinical Questions. Bulletin of Kanagawa Dental College, 34(1):23-26, 2006.
    • 8. 竹原祥子, 下山和弘: 舌の構造と機能訓練. 老年歯科医学, 21(1):44-47, 2006.

    2005

    • 1. 川口陽子: お口の健康チェック 息さわやかですか-口臭の科学-. 8020推進財団会誌, 4:22-25, 財団法人8020推進財団, 2005.
    • 2. 品田佳世子: 世界の研究に好奇心(World topics) 6~19ヶ月児の早期乳幼児う蝕について. 歯科衛生士, 29(4):90, クインテッセンス出版, 2005.
    • 3. 品田佳世子: 世界の研究に好奇心(World topics) グルコン酸亜鉛の味覚障害に対する臨床試験における改善効果, 歯科衛生士, 29(8):68, クインテッセンス出版, 2005.
    • 4. 品田佳世子: Q&A(QuestionNo.52). 歯科衛生士, 29(9):82-83, クインテッセンス出版, 2005.
    • 5. 品田佳世子: 世界の研究に好奇心(World topics) 早期乳幼児う蝕(ECC)を予防するための歯科保健プログラムの効果(介入研究). 歯科衛生士, 29(12):90, クインテッセンス出版, 2005.
    • 6. 杉山明日香, 品田佳世子, 千葉由美: 総義歯を装着している高齢者に対する口腔ケアの効果-茶カテキンとポピドンヨードによるケア介入の比較-. 臨床報告,老年歯科医学, 20(3),p214-221,2005.

    2004~

    • 1. 川口陽子: 「口臭」をテーマとした学校歯科保健活動の展開について. 日学歯, 103:8-12, 2004.
    • 2. 川口陽子: 市民への情報伝達考-口臭は歯科医院で治りますか-. 日本歯科評論, .64(5):13-15, 2004.
    • 3. 品田佳世子: 困ったときのQ&Aホップ・ポリフェノールのう蝕予防効果って?. Dental Frontier QA , 26:52-53, デンタルダイヤモンド社, 東京, 2004.
    • 4. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) 健康な対象者の起床時口臭に対する洗口液の効果. 歯科衛生士, 28(4):73, クインテッセンス出版, 2004.
    • 5. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) 歯周疾患患者のQOLに及ぼす口腔保健の影響. 歯科衛生士, 28(8):81, クインテッセンス出版, 2004.
    • 6. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) 成人の喪失歯,う蝕,歯周疾患に及ぼすプラークコントロールプログラムの長期的効果(メンテナンス30年後の結果). 歯科衛生士, 28(12):77, クインテッセンス出版, 2004.
    • 7. 阿部 智, 川口陽子: 歯科保健医療情報の分析・評価研究の動向. 歯界展望, 104(3):638-639, 2004.
    • 8. 渡辺英明, 川口陽子訳: サポーティブ・ペリオドンタル・セラピー(SPT)を受けている患者の歯周病リスク分析(PRA). ザ・クインテッセンス, 23(2):187-194, 2004.
    • 9. 川口陽子: 息もこころもさわやかに. メディカルクラーク, 日本医療教育財団, 8(87):4-6, 2003.
    • 10. 川口陽子, 品田佳世子, 古川清香: 疫学データからみたわが国の歯科保健状況. 東京都歯科医師会雑誌, 51, 2003.
    • 11. 川口陽子: シルバー社会を考える 歯の健康 -口の中から健康が見えてくる-. 勤労者福祉,74:34-39, 全国勤労者福祉振興協会, 2003.
    • 12. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) ブラキシズムとストレス経験に関する報告. 歯科衛生士,27(4):79, クインテッセンス出版, 2003.
    • 13. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) 歯科医と患者の対話と歯科診療における満足度について. 歯科衛生士, 27(8):75, クインテッセンス出版, 2003.
    • 14. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) 喫煙, 嗅ぎタバコと飲酒:青少年の口腔の健康にとってリスクとなる因子の関連性. 歯科衛生士, 27(12):67, クインテッセンス出版, 2003.
    • 15. 渡邊英明, 品田佳世子, 川口陽子: わが国の乳歯う蝕の有病状況 最近の歯学. 口病誌, 52(1):165, 2003.
    • 16. 千葉由美,山脇正永,戸原玄,品田佳世子,柴田健雄:医療ケアの標準化と電子ネットワーク利用の課題(TECHNICAL REPORT), 信学技報, SITE 2003-2;7-12, 2003.
    • 17. 川口陽子: 口臭の科学. 日経サイエンス, 日本経済新聞社, 2002.
    • 18. 川口陽子, 渡邊英明, 有明幹子: 乳歯う蝕の実態と予防を考える-ターゲットは乳歯隣接面う蝕-1チャートでわかる疫学調査からみた乳歯う蝕の実態. 歯科衛生士, 26(8):23-31, クインテッセンス出版, 2002.
    • 19. 安福美昭, 北原 稔, 渡邊英明: 乳歯う蝕の実態と予防を考える-ターゲットは乳歯隣接面う蝕-2乳歯隣接面のう蝕予防を考える~カリエスフリーの実現へ向けて~. 歯科衛生士, 26(8):32-37, クインテッセンス出版, 2002.
    • 20. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) 歯周疾患を有する母親の早産および低体重児出産に関する危険度について. 歯科衛生士, クインテッセンス出版, 2002.
    • 21. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) 揮発性硫黄化合物(VSC)の濃度に関する硫化物検知機とガスクロマトグラフィーの比較.歯科衛生士, クインテッセンス出版, 2002.
    • 22. 品田佳世子訳: 世界の研究に好奇心(World topics) 歯科保健に潜在的に有害な食品のテレビ広告について-内容の分析 および子どもの時間とプライムタイムとの比較. 歯科衛生士, 26(12):47, クインテッセンス出版, 2002.
    • 23. 川口陽子: Think globally. Act locally. 口腔衛生会誌, 51(3):195, 2001.
    • 24. 境脩, 川口陽子, 平田幸夫: 報告 日本の29歯科大学, 歯学部における予防歯科学, 口腔衛生学の現状調査から-フッ化物に関する教育についての研究-. 口腔衛生会誌, 51(3):315-319, 2001.
    • 25. 川口陽子: フッ化物応用の国際情報. 歯界展望, 医歯薬出版, 98(3):627-629, 2001.
    • 26. 品田佳世子, 川口陽子: 音波・超音波歯ブラシがエナメル質表面のStreptcoccus mutansに及ぼす影響. 口病誌, 68(3):265, 2001.
    • 27. 川口陽子: 「食」の意義から「歯と全身の健康」を考える. 8020推進財団会誌, 1(1):40-44, 2001.
    • 28. 川口陽子: 歯と身体の科学-口臭. 日本歯科医師会雑誌, 2-4, 2001.
    • 29. 川口陽子, 田中健一: Dentistry in the world ミャンマー「歯科事情」. アポロニア21,1:2-3, 2000.
    • 30. 八重垣健, 宮崎秀夫, 川口陽子, 松尾 通: 「口臭治療」最前線. アポロニア21,1:52-63, 2000.
    • 31. 川口陽子, 田中健一: Dentistry in the world 韓国「水道水フッ素化」. アポロニア21,2:2-3, 2000.
    • 32. 田中健一, 川口陽子: Dentistry in the world ブラジル「医療システム」「歯学教育」. アポロニア21,3:2-3, 2000.
    • 33. 川口陽子, 田中健一: Dentistry in the world タイ「ART」. アポロニア21,4:2-3, 2000.
    • 34. 川口陽子: 口臭-診断と治療の実際「仮性口臭症」. 歯界展望, 95:803-807, 2000.
    • 35. 田中健一, 川口陽子: Dentistry in the world ハンガリー「歯科事情」. アポロニア21, 5:2-3, 2000.
    • 36. 川口陽子: 21世紀における国民健康づくり運動「健康日本21-歯科専門家の役割と責任-」. 口病誌, 67: 291-298, 2000.
  • 2019
    2018
    2017
    2016
    2015
    2014
    2013
    2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
    2005
    2004
    2003
    2002
    2001
    2000

    2019

    • 1. Takashi Zaitsu. Using “Implementation Intentions” to Promote Oral Health Behavior: Results of a Workplace Intervention. International Symposium on Life-course Oral Health Promotion 2019.04.05 Tokyo Medical and Dental University, Tokyo, Japan
    • 2. 財津崇, 斉藤智也, 大城暁子, 川口陽子. 労働者を対象としたImplementation Intention を組み入れた口腔健康教育の評価. 第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 3. Nguyen Thi Nhat Vy, Zaitsu Takashi, Oshiro Akiko, Kawaguchi Yoko. 12 歳のベトナム人集団における主観的な口腔衛生に関する認識と口腔衛生状況の関係性(Relationship between self-perceived oral health and oral health status among 12-year-olds in Vietnam). 第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 4. Srinarupat Jarassri, Zaitsu Takashi, Oshiro Aikiko, Kawaguchi Yoko. タイ人集団における口腔衛生状況と口腔衛生に関する行動(Oral health status and oral health behaviors of Thai population). 第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 5. Zar Chi Kyaw Myint , Zaitsu Takashi, Oshiro Akiko, Kawaguchi Yoko. ミャンマーの中学生における口腔衛生に関する知識と関連因子(Oral health literacy and its related factors among middle school students in Myanmar). 第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 6. Aung Ei Ei , Oshiro Akiko, Zaitsu Takashi, Kawaguchi Yoko. ミャンマー人における口臭に対する懸念と口腔衛生の行動および知識との関連性(Relationship of halitosis concern with oral health behaviors and knowledge among Myanmar people). 第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 7. 斉藤智也, 財津崇, 大城暁子, 川口陽子. 中学生を対象とした口臭意識調査. 第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 8. 財津崇, 斉藤智也, 金澤利哉, 大城暁子, 川口陽子. 労働者を対象としたImplementation Intention を組み入れた口腔健康教育の評価. 第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 9. 大城暁子, 斉藤智也, 財津崇, 川口陽子. 口臭患者の口臭値と舌苔中の細菌叢の検討. 第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 10. 周苒, 財津崇, 大城暁子, 遠藤圭子, 白田千代子, 川口陽子. 台湾における歯科衛生士養成教育の現状. 第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 11. 上澤美津枝, 財津崇, 白田千代子, 川口陽子. 地域在住障害者を対象とした歯科保健指導による介入効果.第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 12. 大城暁子, 斉藤智也, 財津崇, 川口陽子. 口臭患者の口臭値と舌苔中の細菌叢の検討.第68 回日本口腔衛生学会· 総会2019.05.24 ピアザ淡海, 滋賀
    • 13. 須永昌代, 原田悠介, 渡邊洋子, 大城暁子, 臼見莉沙, 則武加奈子, 品田佳世子, 水口俊介, 木下淳博. 歯科衛生士復職支援プログラムにおけるヒト型患者ロボットを用いた歯周ポケット測定訓練とその効果. 日本歯科医学教育学会総会· 学術大会プログラム· 抄録集2019.06.01
    • 14. Takashi Zaitsu, Tomoya Saito, Akiko Oshiro, Yoko Kawaguchi. Using implementation intention to promote oral health behavior and oral health status. The 97th IADR/APR General Session & Exhibition 2019.06.20 Vancouver, BC, Canada
    • 15. Takashi Zaitsu. The importance of oral health management for Japanese Antarctic Research Expedition Team.. 南極医学医療ワークショップ2019 2019.07.20 国立極地研究所、立川市
    • 16. Zar Chi Kyaw Myint, Takashi Zaitsu, Akiko Oshiro, Yoko Kawaguchi. ORAL HEALTH EDUCATION WITH A PEER GROUP APPROACH MODEL. The 10th Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children 2019.09.20 The Wembley - A St Giles Hotel, Penang, Malaysia
    • 17. Haslina Rani, Takashi Zaitsu, Yoko Kawaguchi. FACTORS RELATED TO HALITOSIS AMONG HIGH SCHOOL STUDENTS. The 10th Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children 2019.09.20 The Wembley - A St Giles Hotel, Penang, Malaysia
    • 18. Naoko Yamamuro , Aiko Suzuki , Kazuhiko Kubo , Izumi Yokoyama , Nakako Ogawa , Satoru Kabe, Hidekazu Hagiwara , Kazuhiko Kaneda , Taizo Minegishi , Yoko Kawaguchi , Yasushi Yamazaki , Yukimichi Komori , Shoji Sawada , Hiroshi Suzuki , Yoshimi Naganuma , Hideyo Suetaka. RESEARCHON SCHOOL DENTAL HEALTH IN THE TOKYO METROPOLITAN AREA. The 10th Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children 2019.09.20 The Wembley - A St Giles Hotel, Penang, Malaysia
    • 19. 財津崇. 成人歯科保健の課題と今後の展望 2. 労働者の口腔保健状況と職域歯科保健対策の効果検証. ひらか歯科医師会· 横手歯科医師会学術講演会2019.09.28 横手セントラルホテル、秋田
    • 20. 財津崇, 斉藤智也, 大城暁子, 川口陽子. 労働者における顎関節症リスクとその関連要因について. 日本公衆衛生学会総会抄録集2019.10.01
    • 21. 井上裕子, 財津崇, 斉藤智也, 平健人, 川口陽子, 田宮菜奈子. 平成25 年国民生活基礎調査による分析 婚姻状況と歯科疾患による通院状況との関連. 日本公衆衛生学会総会抄録集2019.10.01
    • 22. 斉藤智也, 財津崇, 井上裕子, 平健人, 川口陽子, 田宮菜奈子. 平成25 年国民生活基礎調査による分析 自覚症状と歯科疾患による通院状況との関連. 日本公衆衛生学会総会抄録集2019.10.01
    • 23. Takashi Zaitsu. The importance of oral health management for Japanese Antarctic Research ExpeditionTeam. The 10th Conference of the Korean Society Polar Medicine 2019.10.19 Seoul, Republic of Korea
    • 24. 舩木純三, 船木誠子, 財津崇, Nasution Fajar. 3 ヶ国における好ましい正貌スマイルおよびその意識の検討. 日本矯正歯科学会大会プログラム· 抄録集2019.11.01
    • 25. Zar Chi Kyaw Myint, Zaitsu Takashi, Oshiro Akiko, Ko Ko Soe, Kawaguchi Yoko. Effectiveness of Oral Health Education for Myanmar Middle school students.. 4th Meeting of the International Association for Dental Research Asia-Pacific Region 2019.11.29 Brisbane Conventional Center, Australia.
    • 26. 峯村周, 山田毅, 大小田学, 海老沢政人, 財津崇, 川口陽子, 西雅丈. 南極地域観測隊に対する歯科支援. 防衛衛生2019.12.01
    • 27. 關奈央子,水谷幸嗣,保坂啓一,駒田亘,金澤学,駒ヶ嶺友梨子,ジャネルモロス,須永昌代,川口陽子,森尾郁子,木下淳博. 医歯学総合研究科歯学系大学院生対象の国際歯科臨床教育コース(Essential Expertisefor Clinical Dentistry) に対する評価. 第84 回口腔病学会学術大会2019.12.07 東京

    2018

    • 1. Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Antibacterial and caries arresting effects of silver diamine fluoride in Myanmar preschool children. The 38th Myanmar Dental Conference 2018.01.18 Melia Hotel, Yangon, Myanmar
    • 2. Yoko Kawaguchi. School-based Oral Health Education and Promotion Programs in Japan. The 38th Myanmar Dental Conference 2018.01.18 Melia Hotel, Yangon, Myanmar
    • 3. Yoko Kawaguchi. Strategies and approaches for tackling Early Childhood Caries (ECC). The36th Myanmar Dental Conference 2018.01.26
    • 4. Zar Chi Kyaw Myint, Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Akiko Oshiro, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Oral health status and oral health behaviors among school children in Myanmar. 第67 回日本口腔衛生学会· 総会2018.05.19 札幌市、北海道
    • 5. Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Effects of oral health education in Myanmar preschool children and guardians. 第67 回日本口腔衛生学会· 総会2018.05.20 札幌市、北海道
    • 6. Rezende LO、Borges LS、de Campos PS、Kagiyama K、Baba O、Picinato M、Takehara S、Kumei Y、Zeredo JLL. Cineradiographic study of the development of mastication in the common marmoset. 第41回日本神経科学大会2018.07.26 神戸
    • 7. Yoko Kawaguchi, Tomoya Saito, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno. Oral Health Related Concern and Awareness Among Adolescents in Japan. 96th General session & exhibition of the IADR 2018.07.27 London, England
    • 8. Tomoya Saito, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Oral Malodor and Occupational Parameters in Japanese Workers. 96th General session & exhibition of the IADR 2018.07.28 London, England
    • 9. Yoko Kawaguchi. Special lecture “Oral health programs for the elderly in Japan”. ベトナム· フエ大学 歯学部学生対象講演2018.09.10
    • 10. Yoko Kawaguchi. Special lecture “Emergency oral health systems in times of disaster”. ベトナム· フエ大学 歯学部学生対象講演2018.09.10
    • 11. Yoko Kawaguchi, DDS, Ph.D. The 8020 campaign and future perspectives for elder oral health in Japan, Symposium Appropriate Dental Care for Older Population”. 32nd IADR-SEA & 29thSEAADE VIETNAM2018 2018.09.14 Ho Chi Minh City, Viet Nam
    • 12. Yen H.Nguyen, Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Toai Nguyen, Yoko Kawaguchi. Arresting Effect of Silver Diamine Fluoride on Early Childhood Caries. 32nd IADR-SEA & 29th SEAADE VIETNAM2018 2018.09.14 Ho Chi Minh City, Viet Nam

    2017

    • 1. Takashi Zaitsu, Yen Nguyen, Yoko Kawaguchi. The Relationship of Dental Diseases with Life style Related Diseases of Workers. The 95th General Session & Exhibition of the IADR 2017.03.22 the Moscone West, San Francisco, Calif., USA
    • 2. Yen Nguyen, Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Toai Nguyen, and Yoko Kawaguchi. Effectiveness of Silver Diamine Fluoride on Arresting Dental Caries. The 95th General Session & Exhibition of the IADR 2017.03.22 the Moscone West, San Francisco, Calif., USA
    • 3. Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Association between height and dentition status. The 66th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2017.05.31
    • 4. Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Relationship between dental caries and oral health behaviors in Myanmar children. 2017.05.31
    • 5. Seki N, Kanazawa M, Komagamine Y, Moross J, Mizutani K, Hosaka K, Komada W, Sunaga M, Kawaguchi Y, Morio I, Kinoshita A. Introduction of the international course to teach clinical dental expertise at Tokyo Medical and Dental University, graduate school -the first report-. Annual Meeting of the 36th Japanese Dental Education Association 2017.07.28 Nagano
    • 6. Ei Ei Aung、Masayuki Ueno、Takashi Zaitsu, Sayaka Furukawa, Yoko Kawaguchi. Effects of Tooth Brushing, Mouth Washing and Tongue Cleaning on Three Volatile Sulfur Compounds - A Randomized Clinical Trial -. The 12th JUNTHai Conference 2017.09.04
    • 7. Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Effectiveness of silver diamine fluoride in arresting early childhood caries among Myanmar preschool children. The 9th Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children 2017.09.22
    • 8. Present situation and future perspectives of Asian Academy of Preventive Dentistry. 2017.10.27
    • 9. Yoko Kawaguchi. Better oral health for older persons. 2017.11.03 Sydney, Australia
    • 10. Takashi Zaitsu. Space Dentistry -Oral Health Promotion in Space and Antarctic Environments-. the 65th Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research 2017.11.19 Showa University, Tokyo, Japan
    • 11. 荒木美祐,駒崎裕子,小川卓也,トムルホー ツァサン,ガンブルゲド ガンジャルガル,バザル アマル サイハン,川口陽子,藤原武男,森山啓司. モンゴル国の思春期児童における不正咬合と口腔関連QoL との 関連について. 第27 回日本疫学会学術総会2017.01.25
    • 12. 財津崇. 職域における歯科口腔保健に関する実証研究の成果. シンポジウム「職域における歯科口腔保健の課題と今後の展望」2017.02.04 東京医科歯科大学
    • 13. 山田毅,財津崇,川口陽子, 海老沢政人,塚嵜哲史,佐藤道哉. 南極観測隊員に対する海上自衛隊歯科支援の現状と今後の方向性. 第62 回中央防衛衛生学会2017.02.10 陸上自衛隊三宿駐屯地
    • 14. 種村崇, 白木理恵子, 室円, 財津崇, 植野正之, 川口陽子. 陸上自衛官の口腔保健状況および口腔保健行動の特徴. 第62 回中央防衛衛生学会2017.02.10 陸上自衛隊三宿駐屯地
    • 15. Takashi Zaitsu, Yen Nguyen, Yoko Kawaguchi. The Relationship of Dental Diseases with Life style Related Diseases of Workers. The 95th General Session & Exhibition of the IADR 2017.03.22 the Moscone West, San Francisco, Calif., USA
    • 16. Yen Nguyen, Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Toai Nguyen, and Yoko Kawaguchi. Effectiveness of Silver Diamine Fluoride on Arresting Dental Caries. The 95th General Session & Exhibition of the IADR 2017.03.22 the Moscone West, San Francisco, Calif., USA
    • 17. 財津崇, 川口陽子. 労働者口腔保健状態と産業職業分類, 事業所規模, 勤務形態, 保健行動との関連について.第90 回日本産業衛生学会総会2017.05.11
    • 18. 大城暁子, 金澤利哉, 財津崇, 植野正之, 川口陽子. 口臭症の患者における口臭有無と舌苔中の細菌数の関 連について. 第66 回日本口腔衛生学会· 総会2017.05.31
    • 19. 金澤利哉, 財津崇, 植野正之, 川口陽子. 球形樹脂微粒子含有人工ガムによる咀嚼効率と健康状態に関する 自己評価との関連. 第66 回日本口腔衛生学会· 総会2017.05.31
    • 20. 財津崇, 金澤利哉, 静間夕香, 大城暁子, 竹原祥子, 植野正之, 川口陽子. 労働者の健康診断結果と口腔保 健状況との関連について. 第66 回日本口腔衛生学会· 総会2017.05.31
    • 21. 静間夕香, 財津崇, 植野正之, 川口陽子. 高校生の歯肉の健康状態に関するセルフチェック能力. 第66 回 日本口腔衛生学会· 総会2017.05.31
    • 22. Anastasiya Blizniuk, 財津崇, 植野正之, 川口陽子. 日本の保健医療に対する外国人患者の満足度. 第66 回 日本口腔衛生学会· 総会2017.05.31
    • 23. 植野正之,川口陽子. 身長と現在歯数との関連について. 第65 回日本口腔衛生学会· 総会2017.05.31
    • 24. Yen Hoang Thi Nguyen, Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Yoko Kawaguchi. Effect of silver diamine fluoride on primary dentition. 第66 回日本口腔衛生学会· 総会2017.05.31
    • 25. 竹原祥子,川口陽子. 海外研修参加による英語力の変化. 2017.05.31
    • 26. Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Relationship between dental caries and oral health behaviors in Myanmar children. 2017.05.31
    • 27. 川口陽子. タバコ対策からコモン· リスクファクター対策へ. 第66 回日本口腔衛生学会· 総会2017.05.31
    • 28. 川口陽子. 学校歯科保健の新しい取り組みについて ~食育を絡めて~. 2017.07.08 船橋市勤労市民センター
    • 29. 川口陽子. 横浜市講演会. 2017.07.20
    • 30. 植野正之. 味覚について学びましょう. 平成28 年度食育セミナー2017.07.22 調布市保健センター
    • 31. 竹原祥子,川口陽子,森尾郁子,關奈央子,田上順次. 東京医科歯科大学歯学部における国際短期研修プログラム 3.国際短期研修プログラムの効果. 第36 回日本歯科医学教育学会総会· 学術大会2017.07.28
    • 32. 森尾郁子,關奈央子,川口陽子,竹原祥子,田上順次. 東京医科歯科大学歯学部における国際短期研修プログラム 2.外国人学生の受入プログラム. 第36 回日本歯科医学教育学会総会· 学術大会2017.07.28
    • 33. 關奈央子, 金澤学, 駒ヶ嶺友梨子, ジャネルモロス, 水谷幸嗣, 保坂啓一, 駒田亘, 須永昌代, 川口陽子, 森尾郁子, 木下淳博. 東京医科歯科大学大学院における国際歯科臨床教育コースの導入と取り組み―第1報―. 第36回日本歯科医学教育学会総会· 学術大会2017.07.28 長野
    • 34. 川口陽子,竹原祥子,關奈央子,森尾郁子,田上順次. 東京医科歯科大学大学院における国際短期研修プログラム 日本人学生の海外派遣プログラム. 第36 回日本歯科医学教育学会総会· 学術大会2017.07.29
    • 35. Ei Ei Aung、Masayuki Ueno、Takashi Zaitsu, Sayaka Furukawa, Yoko Kawaguchi. Effects of Tooth Brushing, Mouth Washing and Tongue Cleaning on Three Volatile Sulfur Compounds - A Randomized Clinical Trail -. The 12th JUNTHai Conference 2017.09.04
    • 36. 植野正之. ~健口のために~ 予防歯科の基本の「き」. 平成29年度乳幼児歯科保健従事者研修会2017.09.15 調布市保健センター
    • 37. Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Effectiveness of silver diamine fluoride in arresting early childhood caries among Myanmar preschool children. The 9th Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children 2017.09.22
    • 38. 川口陽子. 江東区学校保健会歯科保健講演会. 2017.09.28
    • 39. 川口陽子. 「アジア障害者歯科学会キックオフシンポジウム」関連歯科学会の取り組み. 日本障害者歯科学会総会· 学術大会2017.10.27
    • 40. 財津崇. Functional Tooth Units 指標による成人の咬合状況実態調査. 第76 回日本公衆衛生学会総会 2017.11.01 鹿児島県かごしま県民交流センター
    • 41. Yoko Kawaguchi. Better oral health for older persons. 2017.11.03 Sydney, Australia
    • 42. Takashi Zaitsu. Space Dentistry -Oral Health Promotion in Space and Antarctic Environments-. the 65th Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research 2017.11.19 Showa University, Tokyo, Japan
    • 43. 關奈央子,金澤学,駒ヶ嶺友梨子,ジャネルモロス,水谷幸嗣,保坂啓一,駒田亘,黒田真司, 須永昌代,川口陽子,森尾郁子,木下淳博. 本学大学院医歯学総合研究科における国際歯科臨床教育コースに対する評価. 第82 回口腔病学会学術大会2017.11.19

    2016

    • 1. Yoko Kawaguchi. Strategies and approaches for tackling Early Childhood Caries(ECC). The36th Myanmar Dental Conference 2016.01.26 University of dental Medicine Yangon、Myanmar.
    • 2. Sachiko Takeheara,Ikuko Morio,Yoko Kawaguchi. Effects of exchange programs on perception among Japanese/overseas dental students. The 12th International Conference of Asian Academy of Preventive-Dentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27, Tokyo Medical and Dental University.
    • 3. Mitsue Kamisawa,Mitsue Onodera,Takashi Zaitsu,Masayuki Ueno,Yoko Kawaguchi,. Oral health care for psychiatric inpatients by nurses. The 12th International Conference of Asian Academy of Preventive-Dentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27, Tokyo Medical and Dental University.
    • 4. Akiko Oshiro,Yuka Shizuma,Toshiya Kamisawa,Mitsue Kamisawa,Sachiko Takehara,Takashi Zaitsu,Masayuki Ueno,Yoko Kawaguchi. Relationship between oral malodor and the number of bacteria in tongue coating, The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27 Tokyo Medical and Dental University.
    • 5. Masayuki Ueno,Satoko Ohara,Yoko Kawaguchi. The association of active and passive smoking with oral health in adults, The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry. The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27 Tokyo Medical and Dental University.
    • 6. Takashi Zaitsu,Toshiya Kanazawa,Kaung Myat Thwin,Thi Hoang Yen Nguyen,Akiko Oshiro, Masayuki Ueno,Yoko Kawaguchi. Oral health behaviors and symptoms of employees classified by worksite industry. The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27 Tokyo Medical and Dental University.
    • 7. Takashi Zaitsu, Mitsue Kamisawa, Yuka Shizuma, Anastasiya Blizniuk, Sachiko Takehara, Reika Nagaoka, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Oral health status of employees classified by worksite industry. The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27 Tokyo Medical and Dental University.
    • 8. Yuka Shizuma ,Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno ,Yoko Kawaguchi. Association of self-assessment with oral health status and behavior among adolescents. The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27 Tokyo Medical and Dental University.
    • 9. Haslina Rani, Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Yoko Kawaguchi. A case report on volatile sulfide compounds changes in breath. The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27 Tokyo Medical and Dental University.
    • 10. Takashi Zaitsu. Space Dentistry –Teledental System in Space and Antarctic Environments-, The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry.. The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27 Tokyo Medical and Dental University.
    • 11. Nguyen Thi Hoang Yen, Takashi Zaitsu, Sachiko Takehara, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Early childhood caries and related risk factors in Vietnam, The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry.. The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27 Tokyo Medical and Dental University.
    • 12. Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Early childhood caries and related risk factors among Myanmar preschool children,. The 12th International Conference of Asian Academy of PreventiveDentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27 Tokyo Medical and Dental University.
    • 13. Anastasia Blizniuk,Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Oral Health Literacy and its impact on oral health in Belarusian adults. The 12th International Conference of Asian Academy of Preventive-Dentistry. Joint meeting with The 65th General Meeting of Japanese Society for Oral Health 2016.05.27 Tokyo Medical and Dental University.
    • 14. Zaitsu T, Kawaguchi Y. Oral health status on of employees classified by work schedule. IADR/APR General Session & Exhibition 2016.06.23 Seoul, Republic of Korea.
    • 15. Yen Hoang Thi Nguen,Masayuki Ueno,Takashi Zaitsu,Yoko Kawaguchi. Early Childhood Caries of Preschool Children in Hue,Vietnam. The 23rd General Meeting of The Japanese Association for Dental Science 2016.10.21 Fukuoka international Congress Center.
    • 16. Takashi Zaitsu, Yoko Kawaguchi. Teledental System in the Environments of Space and Antarctica. The 5th Tri-University Consortium on Oral Science and Education 2016.10.27 China.

    2015

    • 1. Ei Ei Aung, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Comparison of different oral hygiene procedures for oral malodor reduction . 35th Myanmar Dental Conference and 16th FDI-MDA joint education meeting, 2015.01.07 Yangon, Myanmar
    • 2. Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Comparison of Oral Health Situation between Myanmar and Japan. 35th Myanmar Dental Conference and 16th FDI-MDA joint education meeting, 2015.01.07 Yangon, Myanmar
    • 3. Yoko Kawaguchi. Fresh Breath Clinic-Diagnosis,treatment and prevention of oral malodor. 35th Myanmar Dental Conference and 16th FDI-MDA joint education meeting, 2015.01.07 Yangon, Myanmar
    • 4. Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Mari Ohnuki, Yoko Kawaguchi. Association of a Visual Oral Health Literacy Instrument with Perceived and Clinical Oral Health Status. The 93rd General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR) 2015.03.11 Boston
    • 5. Anastasia Blizniuk,Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Association of Oral Health Literacy with Clinical Oral Health Status. The 93rd General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR) 2015.03.11 Boston
    • 6. Ei Ei Aung, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Oral Health Behaviors and Related Factors in Myanmar People. The 93rd General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR) 2015.03.11 Boston
    • 7. 川口陽子. 歯科が発信するコモン· リスクファクター対策—タバコ対策から. 第64 回日本口腔衛生学会· 総会2015.05.27 茨城 つくば市
    • 8. 川口陽子. 禁煙推進委員会 歯科口腔保健のたばこ対策の推進を考える(Ⅲ)—世界のトップランナーに周回遅れから近づき追い抜くために、今こそ行動を! . 第64 回日本口腔衛生学会· 総会2015.05.27 茨城 つくば市
    • 9. 植野正之、財津崇、大貫茉莉、大城暁子、竹原祥子、川口陽子. 口腔描画法と口腔保健状況との関連について. 第64 回日本口腔衛生学会· 総会2015.05.27 茨城 つくば市
    • 10. 財津崇、大貫茉莉、安藤雄一、川口陽子. Eichner 分類と機能歯ユニット(FTU) を用いた日本人成人の咬合状態の実態調査. 第64 回日本口腔衛生学会· 総会2015.05.27 茨城 つくば市
    • 11. 竹原祥子、川口陽子. 短期海外研修の教育効果. 第64 回日本口腔衛生学会· 総会2015.05.27 茨城 つくば市
    • 12. 静間夕香、財津崇、植野正之、川口陽子. 口腔の健康状態の自己評価と口腔保健状況との関連について. 第64 回日本口腔衛生学会· 総会2015.05.27 茨城 つくば市
    • 13. 種村崇、静間夕香、財津崇、植野正之、川口陽子. 成人におけるオーラルヘルスリテラシーと歯科保健状況との関連について. 第64 回日本口腔衛生学会· 総会2015.05.27 茨城 つくば市
    • 14. 長岡玲香、財津崇、植野正之、川口陽子. 「労働者健康状況調査」から見た歯科保健の現状. 第64 回日本口腔衛生学会· 総会2015.05.27 茨城 つくば市
    • 15. 柳澤智仁、財津崇、川口陽子. 歯科領域における国際医療交流の推進~東京都内歯科診療所における患者への外国語対応の現状~. 2015.05.27 茨城 つくば市
    • 16. Blizniuk Anastasiya、財津崇、植野正之川口陽子. 歯科領域における国際医療交流の推進~外国人から見た日本の保健医療の問題点~. 第64 回日本口腔衛生学会· 総会2015.05.27 茨城 つくば市
    • 17. Nguyen Thi Hoang Yen, Takashi Zaitsu, Sachiko Takehara, Masayuki Ueno, Kawaguchi Yoko. Early childhood caries in Vietnam. 64th Annual meeting of Japanese Society for Oral Health 2015.05.27 Tsukuba
    • 18. Ei Ei Aung, Kaung Myat Thwin, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Oral health knowledge and oral health behaviors in Myanmar population. 64th Annual meeting of Japanese Society for Oral Health 2015.05.27 Tsukuba
    • 19. Kaung Myat Thwin, Ei Ei Aung, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Oral Health Care System and Dental Education Program in Myanmar. 64th Annual meeting of Japanese Society for Oral Health 2015.05.27 Tsukuba
    • 20. Haslina Rani, Ei Ei Aung, Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi,. Oral Malodor among High School Students. 64th Annual meeting of Japanese Society for Oral Health 2015.05.27 Tsukuba
    • 21. 森尾郁子、關奈央子、川口陽子. フランスの歯科医師生涯研修について. 第34 回日本歯科医学教育学会総会 · 学術大会2015.07.11 鹿児島市
    • 22. 植野正之. 米国における歯科医師免許更新と生涯研修制度. 第34 回日本歯科医学教育学会総会· 学術大会 2015.07.11 鹿児島市
    • 23. Yuka Shizuma ,Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno ,Yoko Kawaguchi . New oral self-checking method for high school students. The 8th Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children 2015.09.18 Taipei,Taiwan
    • 24. Hitoshi Kousaka,Yukiko Nishikawaji ,Yoko Kawaguchi ,Takashi Zaitsu. School image change with health education. The 8th Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children 2015.09.18 Taipei,Taiwan
    • 25. Yoko Kawaguchi . Effective Health Education by Application of a Visual Oral Health Literacy Insturument. The 8th Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children 2015.09.18 Taipei,Taiwan
    • 26. Yoko Kawaguchi . Current Situation and Future Perspective of Japanese Dentistry. The 8th Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children 2015.09.18 Taipei,Taiwan
    • 27. M.Kamisawa. Oral health promotion for people with special needs research proposal. International Seminor on Oral health 2015.10.27 TMDU
    • 28. T.Kanazawa. A new halitosis definition. International Seminor on Oral health 2015.10.27 TMDU
    • 29. Y.Shizuma. New oral self-checking methods for senior high school students. International Seminor on Oral health 2015.10.27 TMDU
    • 30. T.Tanemura. Introduction of  Dental health care services in  Japan Ground Self-Defense Force (JGSDF). International Seminor on Oral health 2015.10.27 TMDU
    • 31. K M Thwin. Oral health situation in Myanmar preschool children. International Seminor on Oral health 2015.10.27 TMDU
    • 32. Y.Shizuma,T.Zaitsu,M.Ueno,M.Ohnuki,Y.Kawaguchi. The analysis of students recognition on oral health status. The 63rd Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2015.10.30 Fukuoka
    • 33. T.Zaitsu,Y.Kawaguchi:Oral Health Problems of. Oral Health Problems of Japanese Antarctic Research Expedition Team Members. The 63rd Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2015.10.30 Fukuoka

    2014

    • 1. 財津崇、町田浩道、渡邉研太郎、大野義一郎、白田千代子、川口陽子. 南極観測基地における歯科医療について. 第60回日本宇宙航空環境医学会大会. 20141128.
    • 2. Masayuki Ueno, Satoko Ohara, Yoko Kawaguchi. Relationship between parity and oral health status among Japanese women. The 11th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry (AAPD). 20140917.
    • 3. Y Shizuma,S Komori,T Zaitsu,M Ueno,Y Kawaguchi. Self-evaluated and clinical oral health among high school students. The 11th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry (AAPD). 20140917.
    • 4. A Blizniuk, T Zaitsu, M Ueno,Y Kawaguchi. Association of oral health with socio-demographic behavioral factors. The 11th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry (AAPD). 20140917.
    • 5. Yoko Kawaguchi. Oral Health Programs for preschool children in Japan. The 11th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry (AAPD). 20140917.
    • 6. 植野正之, 大原里子, 川口陽子. 出産回数と歯の状況との関連について. 第63回日本口腔衛生学会・総会. 20140529.
    • 7. T H Yen Nguyen, M.Ueno,Y.Kawaguchi. Comparison of Oral Health Status between Vietnam and Japan. 第63回日本口腔衛生学会・総会. 20140529.
    • 8. Ei Ei Aung, Sayaka Furukawa, Masayuki Ueno, Yoko Kawaguchi. Effects of Oral Hygiene Regimens on Oral Malodor Reduction. 第63回日本口腔衛生学会・総会. 20140529.
    • 9. H.Rani,S.Furukawa, M.Ueno,Y.Kawaguchi. Self-perceived and Clinical Oral Malodor Status among Dental Students in Malaysia. 第63回日本口腔衛生学会・総会. 20140529.
    • 10. A.Blizniuk,S.Furukawa, M.Ueno,Y.Kawaguchi. Reliability and Validity of the Russian Version of the Oral Health Literacy Instrument. 第63回日本口腔衛生学会・総会. 20140529.
    • 11. 大貫茉莉、竹原祥子、長岡玲香、植野正之、川口陽子. 中学生を対象とした味覚調査について. 第63回日本口腔衛生学会・総会. 20140529.
    • 12. 長岡玲香、大城暁子、竹原祥子、古川清香、植野正之、川口陽子. 口腔保健医療の質評価指標について. 第63回日本口腔衛生学会・総会. 20140529.
    • 13. 財津崇、大野義一郎、白田千代子、川口陽子. 第55次南極観測隊員における歯科の課題と今後の展望. 第63回日本口腔衛生学会・総会. 20140529.

    2013

    • 1. S.Takehara,M.Yanagishita,K.A.Podyma-Inoue,M.Ueno,Y,Kawaguchi:Proteolytic Degradation of Human Salivary MUC58 and MUC7, 16th Scientfic Meeting & Refresher Course in Dentistry KPPIKG2013 Shaping the future of oral health, Jakarta Convention Center, Jakarta, ndonesia, Feb27-Mar2, 2013.
    • 2. M.Ohnuki, M.Ueno, Y,Kawaguchi:Taste Hyposensitivity in Schoolchildren, 16th Scientfic Meeting & Refresher Course in Dentistry KPPIKG2013 Shaping the future of oral health, Jakarta Convention Center, Jakarta,Indonesia, Feb27-Mar2,2013.
    • 3. Y.Uraoka,S.Furukawa, M.Ueno,Y,Kawaguchi:Changesin Anxiety and Self-Perception Level of Oral Malordor by Treatment, 16th Scientfic Meeting & Refresher Course in Dentistry KPPIKG2013 Shaping the future of oral health,Jakarta Convention Center, Jakarta, Indonesia, Feb 27-Mar 2,2013.
    • 4. Y.Uraoka, S.Furukawa, M.Ueno, Y.Kawaguchi: Oral Malodor treatment improves the patients’ psychological condition and QOL,2013 INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE KOREAN ACADEMY OF PREVENTIVE DENTISTRY, Dankook University, KOREA,21 April, 2013.
    • 5. S.Takehara, M.Ueno, Y.Kawaguchi: Japanese National Dental Surveys on Pre-school Children. 10th IADR World Congress on Preventive Dentistry as a joint meeting with the 6th Hungarian Preventive Dental Conference October 9-12,2013, Budapest, Hungary.
    • 6. H.Rani, S.Furukawa, M.Ueno, Y.Kawaguchi: Dental Curriculum on Halitosis and Need for Continuing Education. 10th IADR World Congress on Preventive Dentistry as a joint meeting with the 6th Hungarian Preventive Dental Conference October 9-12,2013,Budapest,Hungary.
    • 7. A.Blizniuk,S.Furukawa, M.Ueno,Y.Kawaguchi:A Preliminary Study of Oral Health Literacy in Belarus. 10th IADR World Congress on Preventive Dentistry as a joint meeting with the 6th Hungarian Preventive Dental Conference October 9-12, 013, Budapest, Hungary.
    • 8. H.Rani, A.Osiro, S.Takehara, M.Ohnuki, S.Furukawa, M.Ueno, Y.Kawaguchi: Oral malordor prevention in school-based oral health education program. The 3rd Tri-University Consortium on Oral Science and Education November 6-7, 2013, Faculty of Dentistry, Tokyo Medical and Dental University, Tokyo.
    • 9. Ei Ei Aung, S.Furukawa, M.Ueno, Y.Kawaguchi:Knowledge on oral malodor of Myanmar dental students and dentists、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 10. A.Blizniuk, S.Furukawa, M.Ueno, Y.Kawaguchi:Evaluation of English websites on dental caries by consumer tools、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 11. H.Rani, S.Furukawa, U.Masayuki, Y.Kawaguchi:Dental Environment Stress and its Relationship with Social Anxiety among Malaysian Dental Students、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 12. 川口陽子:禁煙推進委員会 歯科口腔保健のたばこ対策の推進を考える(Ⅰ)―歯科口腔疾患管理における禁煙指導・禁煙支援の卒前教育―、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 13. 埴岡隆、花田信弘、青山旬、稲葉大輔、小川祐司、尾崎哲則、小島美樹、川口陽子、平田幸夫:健康政策の観点からの「禁煙指導・禁煙支援」の歯学教育・歯科衛生学教育、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 14. 植野正之、川口陽子:歯周病と冠動脈性疾患との関連、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 15. 財津崇、大貫茉莉、竹原祥子、古川清香、植野正之、川口陽子:宇宙医学歯科領域における課題と今後の展望、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 16. 浦岡有里、佐藤茉莉恵、大貫茉莉、Haslina Rani、Ei Ei Aung、Anastasiya Blizniuk、財津崇、竹原祥子、古川清香、植野正之、川口陽子:患者の主観的口臭評価とVSC値との関連、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 17. 佐藤茉莉恵、浦岡有里、古川清香、植野正之、松野才、藤原元幸、畠山桂郎、大島克郎、川口陽子:糖尿病と口腔の健康との関連―平成23年度秋田県歯科疾患実態調査の結果から―、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 18. 古川清香、浦岡有里、佐藤茉莉恵、川口陽子:歯科保健医療制度の国際比較 第6報 シンガポールにおける学齢期のう蝕予防対策について、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 19. 古川清香、浦岡有里、佐藤茉莉恵、大城暁子、川口陽子:歯科保健医療制度の国際比較 第7報 シンガポールにおける公的医療保険制度に関する調査、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 20. 長岡玲香、大城暁子、竹原祥子、古川清香、植野正之、川口陽子:歯科保健医療制度の国際比較 第8報 北欧諸国が提案する「口腔保健医療に関する評価指標」について、第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 21. 竹原祥子、長岡玲香、川口陽子:歯科保健医療制度の国際比較 第9報 スウェーデンにおける歯科医療サービス, 第62回日本口腔衛生学会・総会,松本,2013.5.15-17
    • 22. 竹原祥子、石田雄之、關奈央子、福井雄二、森尾郁子、川口陽子、田上順次:海外の歯科学生を対象とした国際歯科研修プログラム、第32回日本歯科医学教育学会総会および学術大会、北海道大学学術交流会館、2013.7.12-13
    • 23. 福井雄二、關奈央子、鶴田潤、森尾郁子、川口陽子:東京医科歯科大学および東南アジア地域15歯学部における卒前教育カリキュラムの現状、第32回日本歯科医学教育学会総会および学術大会、北海道大学学術交流会館、2013.7.12-13
    • 24. 關奈央子、福井雄二、竹原祥子、森尾郁子、川口陽子、田上順次:学生海外研修プログラムにおける今後の課題と展開-国際化に向けて-、第32回日本歯科医学教育学会総会および学術大会、北海道大学学術交流会館、2013.7.12-139

    2012

    • 1. 植野正之、玉木敏裕、財津崇、安川由里子、大原里子、川口陽子、口腔保健状況に関する自己申告の妥当性について、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 2. M Adiatman、M Ohnuki、M Ueno、K Shinada、Y Kawaguchi、Dentition Status and Activities of Daily Living of Indonesian Nursing Home Elderly、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 3. 財津崇、植野正之、川口陽子、球形樹脂微粒子含有人工ガム(ウェルカムガム®)による児童生徒の咀嚼効率の評価、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 4. 遠藤圭子、白田千代子、森千里、植野正之、品田佳世子、川口陽子、病棟看護師および歯科衛生士を対象とした入院患者の口腔ケアに関する実態調査、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 5. TAV Pham、M Ueno、K Shinada、Y Kawaguchi、Relationship of Turbidity with Oral Health Status and Oral Malodor、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 6. P Samnieng、M Ueno、K Shinada、T Zaitsu、Y Kawaguchi、Factors Related to Appetite Loss in Community-dwelling Elderly Thai、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 7. 竹内晋、竹原祥子、財津崇、大貫茉莉、植野正之、品田佳世子、川口陽子、小中学生における洗口吐出液の濁度と口腔保健状況との関連について、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 8. 大貫茉莉、財津崇、安川由里子、玉木敏裕、植野正之、川口陽子、味覚低下の自覚症状と口腔保健状況との関連について、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 9. 有賀渚紗、植野正之、財津崇、大貫茉莉、川口陽子、高校生を対象とした「口腔健康セルフチェック表」の開発、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 10. 高山歩、Melissa Adiatman、植野正之、財津崇、白田千代子、品田佳世子、川口陽子、口腔描画法による学校健康教育プログラムの開発、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 11. 川口陽子、植野正之、財津崇、大貫茉莉、横山清香、品田佳世子、高校生を対象とした口臭予防の健康教育プログラムの効果、第60回日本口腔衛生学会・総会、松戸、千葉、2011年10月.
    • 12. 植野正之、松野才、藤原元幸、大島克郎、川口陽子、ヘルスリテラシーと口腔保健状況との関連について、第70回日本公衆衛生学会総会、秋田、2011年10月.

    2011

    • 1. M. Ueno, M. Ohnuki, T. Zaitsu, S. Takeuchi, K. Shinada, Y. Kawaguchi: Oral malodor and related factors in Japanese school children, The 89th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), San Diego, U.S.A., 2011.3.16-19, 2011.
    • 2. S. Takehara, M. Yanagishita, K.A. Podyma-Inoue, M. Ueno, K. Shinada, Y. Kawaguchi: Proteolytic Degradation of Human Salivary MUC5B and MUC7, The 89th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), San Diego, U.S.A., 2011.3.16-19, 2011.
    • 3. T.A.V Pham, M Ueno, S Takehara, K. Shinada, Y.Kawaguchi: Oral Malodor in Periodontitis and Non-periodontitis patients, The 89th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), San Diego, U.S.A., 2011.3.16-19, 2011.
    • 4. M. Adiatman, S. Takehara, M. Ueno, K. Shinada, Y. Kawaguchi: Function Tooth Units and Nutritional Status among the Indonesian Elderly, The 89th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), San Diego, U.S.A., 2011.3.16-19, 2011.
    • 5. P. Samnieng, S. Takehara, M. Ueno, T. Zaitsu, K. Shinada, Y. Kawaguchi: Relationship of Nutrition with Oral Health and OHRQoL in Elderly, The 89th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), San Diego, U.S.A., 2011.3.16-19, 2011.
    • 6. 森尾郁子、鶴田潤、川口陽子、荒木孝二:歯学科専門科目における英語教育の今後の方向性 について、口腔病学会雑誌、78巻1号、41、2011
    • 7. M.Adiatman,M Ohnuki,M Ueno,K Shinada,Y Kawaguchi:Dentition Status and Activities of Daily Living of Indonesian Nursing Home Elderly, the 60th General Meeting of the Japanese Society for Dental Health, Chiba, Japan, October 8-10, 2011、J Dent Hlth61(4),426,2011
    • 8. 植野正之、玉木敏裕、財津崇、安川由里子、大原里子、川口陽子:口腔保健状況に関する自己申告の妥当性について、第60回日本口腔衛生学会・総会,松戸、2011.10.8-10,口腔衛生学会誌,61(4),451,2011
    • 9. 財津崇、植野正之、川口陽子:球形樹脂微粒子含有人工ガム(ウェルカムガム®)による児童生徒の咀嚼効率の評価、第60回日本口腔衛生学会・総会,松戸、2011.10.8-10,口腔衛生学会誌,61(4),431,2011
    • 10. 遠藤圭子、白田千代子、森千里、植野正之、品田佳世子、川口陽子:病棟看護師および歯科衛生士を対象とした入院患者の口腔ケアに関する実態調査、第60回日本口腔衛生学会・総会,松戸、2011.10.8-10,口腔衛生学会誌,61(4),461,2011
    • 11. T.A.V Pham, M Ueno,K Shinada,Y Kawaguchi:Relationship of Turbidity with Oral Health Status and Oral Malodor、the 60th General Meeting of the Japanese Society for Dental Health, Chiba, Japan, October 8-10, 2011、J Dent Hlth61(4),466,2011
    • 12. P. Samnieng, M Ueno,K Shinada,T Zaitsu,Y Kawaguchi:Factors Related to Appetite Loss in Community-dwelling Elderly Thai, the 60th General Meeting of the Japanese Society for Dental Health, Chiba, Japan, October 8-10, 2011、J Dent Hlth61(4),466,2011
    • 13. 竹内晋、竹原祥子、財津崇、大貫茉莉、植野正之、品田佳世子、川口陽子:小中学生における洗口吐出液の濁度と口腔保健状況との関連について:第60回日本口腔衛生学会・総会,松戸、2011.10.8-10,口腔衛生学会誌,61(4),467,2011
    • 14. 大貫茉莉、財津崇、安川由里子、玉木敏裕、植野正之、川口陽子:味覚低下の自覚症状と口腔保健状況との関連について:第60回日本口腔衛生学会・総会,松戸、2011.10.8-10,口腔衛生学会誌,61(4),469,2011
    • 15. 有賀渚紗、植野正之、財津崇、大貫茉莉、川口陽子:高校生を対象とした「口腔健康セルフチェック表」の開発:第60回日本口腔衛生学会・総会,松戸、2011.10.8-10,口腔衛生学会誌,61(4),504,2011
    • 16. 高山歩、Melissa Adiatman,植野正之、財津崇、白田千代子、品田佳世子、川口陽子:口腔描画法による学校健康教育プログラムの開発:第60回日本口腔衛生学会・総会,松戸、2011.10.8-10,口腔衛生学会誌,61(4),505,2011
    • 17. 川口陽子、植野正之、財津崇、大貫茉莉、横山清香、品田佳世子:高校生を対象とした口臭予防の健康教育プログラムの効果:第60回日本口腔衛生学会・総会,松戸、2011.10.8-10,口腔衛生学会誌,61(4),505,2011

    2010

    • 1. Masayuki Ueno, Takashi Zaitsu, Kayoko Shinada, Satoko Ohara, Yoko Kawaguchi: Factors affecting perceived oral health in Japanese adults, The 88th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), Barcelona,Spain 2010.7.14-17, J Dent Res, Vol. 89, Special Issue B, 2010.
    • 2. Takashi Zaitsu, Masayuki Ueno, Kayoko Shinada, Yoko Kawaguchi: Relationship between Social Anxiety Disorder and Halitosis, The 88th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), 2010.7.14-17, J Dent Res, Vol. 89, Special Issue B, 2010.
    • 3. Takeuchi S, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Relationship of turbidity with oral health status and oral malodor, The 88th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), 2010.7.14-17,J Dent Res, Vol. 89, Special Issue B, 2010.
    • 4. Hakuta Chiyoko, Shinada Kayoko, Ueno Masayuki, Kawaguchi Yoko: Oral Function Promotion Program for the Independent Elderly in Japan, 9th International Conference of Asia Academy of Preventive Dentistry, Kuala Lumpur, Malaysia, 2010.11.9-11, The International Journal of Oral Health, Vol.6, 61, 2010
    • 5. Adiatman Melissa, Ohnuki Mari, Ueno Masayuki, Shinada Kayoko, Kawaguchi Yoko: Oral Health Status and Prosthetic Needs of Indonesian Institutionalized Elderly, 9th International Conference of Asia Academy of Preventive Dentistry, Kuala Lumpur, Malaysia, 2010.11.9-11, The International Journal of Oral Health, Vol.6, 61, 2010
    • 6. Samnieng Patcharaphol, Ueno Masayuki, Shinada Kayoko, Zaitsu Takashi, Kawaguchi Yoko: Oral Health and Quality of Life in Elderly Thai, 9th International Conference of Asia Academy of Preventive Dentistry, Kuala Lumpur, Malaysia, 2010.11.9-11, The International Journal of Oral Health, Vol.6, 61, 2010
    • 7. Thuy Pham Anh Vu, Ueno Masayuki, Shinada Kayoko, Kawaguchi Yoko: The Effects of Tongue Cleaning on Patients with Oral Malodor, 9th International Conference of Asia Academy of Preventive Dentistry, Kuala Lumpur, Malaysia, 2010.11.9-11, The International Journal of Oral Health, Vol.6, 73, 2010
    • 8. Zaitsu Takashi, Ueno Masayuki , Shinada Kayoko, Kawaguchi Yoko: Social Anxiety Disorder Halitosis Patients, 9th International Conference of Asia Academy of Preventive Dentistry, Kuala Lumpur, Malaysia, 2010.11.9-11, The International Journal of Oral Health, Vol.6, 73, 2010
    • 9. Ohnuki Mari, Zaitsu Takashi, Takehara Sachiko, Ueno Masayuki, Shinda Kayoko, Kawaguchi Yoko: Taste Hyposensitivity in Japanese Schoolchildren, 9th International Conference of Asia Academy of Preventive Dentistry, Kuala Lumpur, Malaysia, 2010.11.9-11, The International Journal of Oral Health, Vol.6, 84, 2010
    • 10. Pham Anh Vu Thuy, Masayuki Ueno, Kayoko Shinada, Yoko kawaguchi: Factors associated with oral malodor in Vietnamese patients, The 8th International Scientific Dental Congress & International Exhibition, Vietnamese Odonto- Stomatology Association, Hue, Vietnam, November 24-26,2010
    • 11. 川口陽子, 鶴田 潤, 森尾郁子: 我が国の歯科大学・大学歯学部における留学生教育の現状と課題, 第29回日本歯科医学教育学会総会・学術大会,岩手,2010.7.23-24,日本歯科医学教育学会プログラム・抄録集, 94, 2010
    • 12. 森尾郁子, 川口陽子,森田育男:歯科医学における大学院教育改善への取り組み,第29回日本歯科医学教育学会総会・学術大会,岩手,2010.7.23-24,日本歯科医学教育学会プログラム・抄録集, 135, 2010
    • 13. 柳澤智仁, 植野正之, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 喫煙、禁煙状況と現在歯数との関連-8020達成を目指して-. 口腔衛生関東地方研究会, 2010.3.28
    • 14. 小西千里, 白田千代子, 遠藤圭子, 海藤靖子, 鈴木美穂, 川口陽子, 成相 直, 大野喜久郎:看護師と連携した歯科衛生士による口腔ケアの効果について, 第13回日本病院脳神経外科学会, 釧路, 2010.7.17-18
    • 15. 遠藤圭子, 白田千代子, 小西千里, 海藤靖子, 鈴木美穂, 川口陽子, 成相 直, 大野喜久郎:歯科衛生士による脳神経外科病棟入院患者への口腔ケアの実践,第13回日本病院脳神経外科学会, 釧路, 2010.7.17-18
    • 16. 白田千代子, 遠藤圭子, 小西千里, 海藤靖子, 鈴木美穂, 川口陽子, 成相 直, 大野喜久郎:入院患者に対する口腔ケアの実施に関する質問票調査, 第13回日本病院脳神経外科学会, 釧路, 2010.7.17-18
    • 17. 植野正之, 大貫茉莉,財津 崇,竹内 晋,半田紀穂子,白田千代子,品田佳世子,川口陽子:小・中学生の口臭の実態と関連要因について,第59回日本口腔衛生学会・総会,新潟,2010.10.6-8,口腔衛生会誌,60(4),519 , 2010.
    • 18. 玉木敏裕, 植野正之, 財津崇, 安川由里子, 品田佳世子, 川口陽子: 歯周疾患検診事業後の歯科受療行動について,第59回日本口腔衛生学会・総会, 新潟, 2010.10.6-8, 口腔衛生会誌,60(4), 493, 2010.
    • 19. 竹内晋, 品田佳世子, 財津崇, 大貫茉莉, 大城暁子, 安川由里子, 藤城由希子, 植野正之, 平山知子, 森嶋清二, 川口陽子: 洗口吐出液の濁度と口腔保健状況および口臭との関連について, 第59回日本口腔衛生学会・総会, 新潟, 2010.10.6-8, 口腔衛生会誌, 60(4), 515, 2010.
    • 20. 財津崇, 藤城由希子, 竹内晋, 大城暁子, 大貫茉莉, 安川由里子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 社会不安障害と口臭症の関連について, 第59回日本口腔衛生学会・総会, 新潟, 2009.10.6-8, 口腔衛生会誌, 60(4), 518, 2010.
    • 21. 大貫茉莉,財津崇,竹内晋,藤城由希子,竹原祥子,白田千代子,植野正之,品田佳世子,川口陽子: 小・中学生の味覚と食習慣について,第59回日本口腔衛生学会・総会,新潟,2010.10.6-8, 口腔衛生会誌, 60(4), 431, 2010.
    • 22. Patcharaphol Samnieng, Masayuki Ueno, Kayoko Shinada , Takashi Zaitsu,Yoko Kawaguchi: Oral malodor-related parameters in community-dwelling elderly,第59回日本口腔衛生学会・総会,新潟,2010.10.6-8, 口腔衛生会誌, 60(4), 520, 2010.
    • 23. Pham Anh Vu Thuy, Masayuki Ueno, Kayoko Shinada, Yoko Kawaguchi: Clinical study of oral malodor treatment in Vietnamese patients,第59回日本口腔衛生学会・総会,新潟,2010.10.6-8, 口腔衛生会誌, 60(4),345, 2010.
    • 24. Melissa Adiatman,Mari Ohnuki, Masayuki Ueno, Kayoko Shinada, Yoko Kawaguchi: Relationshipbetween Number of Teeth and ADL in Indonesian Elderly, 第59回日本口腔衛生学会・総会,新潟,2010.10.6-8, 口腔衛生会誌, 60(4), 465, 2010.
    • 25. 竹原祥子,柳下正樹,Katarzyana Podyma-Inoue, 植野正之,品田佳世子,川口陽子:唾液に含まれるタンパク質分解酵素の検討,第59回日本口腔衛生学会・総会,新潟,2010.10.6-8, 口腔衛生会誌, 60(4), 214, 2010.
    • 26. 白田千代子,遠藤圭子,森 千里,植野正之,品田佳世子,川口陽子:看護師と歯科衛生士を対象とした入院患者に対する口腔ケアに関する調査,第59回日本口腔衛生学会・総会,新潟,2010.10.6-8, 口腔衛生会誌, 60(4), 530, 2010.
    • 27. 遠藤圭子,白田千代子,森 千里,植野正之,品田佳世子,川口陽子:入院患者に対する口腔ケアに関する歯科衛生士の意識調査,第59回日本口腔衛生学会・総会,新潟,2010.10.6-8, 口腔衛生会誌, 60(4), 520, 2010.
    • 28. 森 千里,白田千代子,遠藤圭子,植野正之,品田佳世子,川口陽子:脳神経外科病棟入院患者への専門的口腔ケアの効果に関する研究報告,第59回日本口腔衛生学会・総会,新潟,2010.10.6-8, 口腔衛生会誌, 60(4), 520, 2010.
    • 29. 森尾郁子,鶴田潤,川口陽子,荒木孝二:歯科学専門科目における英語教育の今後の方向性について,第75回口腔病学会学術大会,2010.12.3-4,

    2009

    • 1. Shinada K, Adiatman M, Ohnuki M, Ueno M, Wright FAC, Kawaguchi Y: The Relationship between Oral Malodor and Oral Health Status in Japanese High School Students. The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education(APHPE), Chiba, 2009.7.18-20.
    • 2. Zaitsu T, Ueno M, Shinada K, Ohara S, Wright FAC, Kawaguchi Y: The Relationship between Masticatory Function and Quality of Life. The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education (APHPE), Chiba, 2009.7.18-20.
    • 3. Ohnuki M, Zaitsu T, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y: Prevalence of Taste Disorders in High School Students. The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education(APHPE), Chiba, 2009.7.18-20.
    • 4. Takeuchi S, Oshiro A, Ueno M, Ohara S, Yanagisawa T, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y: Relationship of Oral Health Status with Daily Life Difficutlties and Food Intake Patterns. The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education(APHPE), Chiba, 2009.7.18-20.
    • 5. Thuy PAV, Konishi C, Yanagisawa T, Khanh ND, Phuong LH, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y: Oral Malodor, Oral Health Status and Dental Behavior among Vietnamese Dental Patients. The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education (APHPE), Chiba, 2009.7.18-20.
    • 6. Patcharaphol S, Zaitsu T, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y: The Relationship between General Health Behavior and Oral Health in Thai Elderly. The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education, (APHPE), Chiba, 2009.7.18-20.
    • 7. Konishi C, Hakuta C, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y: Self-assessed Oral Health Status of Independent Elderly in Japan. The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education, (APHPE), Chiba, 2009.7.18-20.
    • 8. Hakuta C, Konishi C, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y: Oral Function Promotion Programs Targeted for the Independent Elderly in Japan. The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education, (APHPE), Chiba, 2009.7.18-20.
    • 9. Adiatman M, Shinada K, Ohnuki M, Ueno M, Wright FAC, Kawaguchi Y: Oral Health Status and Behavior of Encourage School Students in Tokyo. The First Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education(APHPE), Chiba, 2009.7.18-20.
    • 10. Zaitsu T, Yokoyama S, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y: One-year Oral Malodor Prevention Program for High School Students in Japan. Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children(APHPE), Chiba, 2009.7.18-20.
    • 11. Samneing P, Zaitsu T, Ohnuki M, Takeuchi S, Oshiro A, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Self-Perceptions of Oral Health by Japanese High School Students. Asian Conference of Oral Health Promotion for School Children, 9.10-12, Phuket, Thailand, 2009.
    • 12. Zaitsu T, Takeuchi S, Ohshiro A, Ohnuki M, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y: Relationship between Halitosis and Psychologycal Problem. 9th World Congress on Preventive Dentistry, Phuket, Thailand , 2009.9.7-10.
    • 13. Samnieng P, Ueno M, Shinada K, Wright FAC, Kawaguchi Y: Relationship between Oral Health and Nutrition of Elderly Thais. 9th World Congress on Preventive Dentistry, Phuket, Thailand , 2009.9.7-10.
    • 14. 大城暁子,中村さやか,井関祥子,川口陽子,篠村多摩之: 接合上皮に於けるFollicular Dendritic Cell Secreted Protein(FDC-SP)の特異的な発現とその機能に対する考察. 第52回日本歯周病学会, 岡山, 2009.5.15-16, 日本歯周病学会会誌, 51(春季特別号):111, 2009.
    • 15. 白田千代子, 小西千里, 遠藤圭子, 徳間みずほ: 脳神経外科病棟入院患者を対象とした口腔ケア介入研究 第4報. 第11回日本褥瘡学会, 大阪, 2009.9.4-5, 日本瘡学会誌, 11(3), 446, 2009.
    • 16. 大城暁子, 宮内睦美, 井関祥子, 篠村多摩之: LPS刺激による接合上皮でのFDC-SPの劇的な変化. 第 51 回歯科基礎医学会学術大会・総会, 新潟, 9 .9-11 , Journal of Oral Biosciences, 51: 93, 2009.
    • 17. 平山知子, 数野恵子, 森嶋清二, 山本高司, 市場有子, 埴原鉱行, 田中幸祐, 藤原正美, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 口気中の低級脂肪酸と口臭,口腔内状況および各種細菌数との関連について. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 386, 2009.
    • 18. 藤城由希子, 品田佳世子, 竹内 晋, 大城暁子, 財津 崇, 大貫茉莉, 植野正之, 平山知子, 数野恵子, 森嶋清二, 山本高司, 川口陽子: 口気中の硫化水素およびメチルメルカプタン濃度と口腔内細菌との関連について. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 387, 2009.
    • 19. 竹内 晋, 品田佳世子, 財津 崇, 大貫茉莉, 大城暁子, 植野正之, 石川正夫, 高田康二, 平山知子, 数野恵子, 森嶋清二, 山本高司, 市場有子, 藤原正美, 川口陽子: 洗口吐出液の濁度と口腔保健状況および口臭との関連について. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生学会誌, 59(4), 389, 2009.
    • 20. 品田佳世子, 竹内 晋, 財津崇, 大貫茉莉, 大城暁子, 植野正之, 平山知子, 数野恵子, 森嶋清二, 山本高司, 市場有子, 埴原鉱行, 田中幸祐, 藤原正美, 川口陽子: 官能検査による口臭評価と口気中の成分および口腔保健状況との関連について. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 390, 2009.
    • 21. 竹原祥子, 柳下正樹, Katarzyna API, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 口臭患者の唾液糖タンパク質の検討. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 392, 2009.
    • 22. 安川由里子, 品田佳世子, 植野正之, 柳澤智仁, 小西千里, 財津 崇, 大貫茉莉, 大城暁子, 竹内 晋, 川口陽子: 「息さわやか外来」受診患者の実態. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 394, 2009.
    • 23. Thuy PAV, Konishi C, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Oral Malodor and Related Factors in Vietnamese Dental Patients, 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 397, 2009.
    • 24. 財津 崇, 植野正之, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 食の満足度に関連する要因について. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 401, 2009.
    • 25. Samnieng P, Zaitsu T, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Association of Hyposalivation with Oral Health and Oral Function of Elderly Thai. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 405, 2009.
    • 26. 大貫茉莉, 財津 崇, 竹内 晋, 大城暁子, 半田紀穂子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 中学生の味覚異常と食生活との関連について. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 434, 2009.
    • 27. 植野正之, 竹内 晋, 品田佳世子, 川口陽子: 口腔清掃指標としての洗口吐出液中の濁度の応用. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 446, 2009.
    • 28. 柳澤智仁, 大貫茉莉, 川口陽子: 東京都における公立小学校児童のう蝕処置状況の地域差に関する検討. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 468, 2009.
    • 29. Adiatman M, Ohnuki M, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: OralHealth and Body Weight Status of Nursing Home Residents in Jakarta, Indonesia. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2009.10.9-11, 口腔衛生会誌, 59(4), 522, 2009.
    • 30. 数野恵子, 平山知子, 森嶋清二, 山本高司, 市場有子, 埴原鉱行, 田中幸祐, 藤原正美, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 口気中の揮発性脂肪酸と歯周病関連細菌との関連性について. 日本歯周病学会会誌, 51(秋季特別号):107, 2009.
    • 31. 小西千里, 白田千代子, 遠藤圭子, 海藤靖子, 鈴木美穂, 川口陽子, 成相 直, 大野喜久郎: 脳神経外科入院患者への歯科衛生士による口腔ケア介入の効果. 第68回日本脳神経外科学会学術総会, 2009.
    • 32. 遠藤圭子, 白田千代子, 小西千里, 海藤靖子, 鈴木美穂, 川口陽子, 成相 直, 大野喜久郎: 脳神経外科入院患者への医科と歯科の連携による口腔ケアの実践. 第68回日本脳神経外科学会学術総会, 2009.
    • 33. 大山 篤, 柳澤智仁, 安藤雄一, 大原里子, 佐々木好幸, 北原 稔, 川口陽子, 河原和夫, 俣木志朗: 歯科関連の厚生労働統計調査データの活用状況に関する研究. 日本公衆衛生雑誌抄録集, 68:340, 2009.
    • 34. 柳澤智仁, 恒石美登里, 山本龍生, 平田創一郎, 平田幸夫, 川口陽子, 石井拓男: 各都道府県策定の医療連携体制における歯科関連の記載内容について. 日本公衆衛生雑誌抄録集, 68:575, 2009.
    • 35. 安川由里子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子:「息さわやか外来」受診患者の実態について. 第74回口腔病学会学術大会, 2009.12.4-5
    • 36. 竹原祥子, 柳下正樹, Katarzyna API, 植野正之, 品田佳代子, 川口陽子: 口臭有無と唾液タンパクとの関連について. 第74回口腔病学会学術大会, 2009.12.4-5

    2008

    • 1. Samneing P, Sopapornamorn P, Vachirarojpisan T, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Organoleptics test is reliable for malodor measurement. The 4th conference of Asia Society for Breath Odor Research (ASBOR), Bankok, Thailand, 2008.5.5-8, The 4th ASBOR abstracts, 2008.
    • 2. Hakuta C, Mori C, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Oral Function Promotion program for the Independent Elderly in Japanese. 86th IADR, Toronto, Canada, 2008.6.2-5, J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 87, 2008.
    • 3. Ueno M, Shinada K, Ohara S, Kawaguchi Y: Association of masticatory ability with functional tooth units composition categories. 86th IADR, Toronto, Canada, 2008.6.2-5, J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 87, 2008.
    • 4. Zaitsu T, Ueno M, Shinada K, Ohara S, Kawaguchi Y: Relation between Oral Health Status and GOHAI in Japanese Adults. 86th IADR, Toronto, 2008.6.2-5, J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 87, 2008.
    • 5. Jigjid B, Ueno M, Shinada K, Nyanrag P, Bazar A, Kawaguchi Y: Cohort Study on Early Childhood Caries in Mongolia Children. 86th IADR, Toronto, Canada, 2008.6.2-5, J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 87, 2008.
    • 6. Zaitsu T, Ueno M, Shinada K, Ohara S, Kawaguchi Y: The Relation Among GOHAI, Self-Rated Oral Health and Oral Health Status in Japanese Adults. 8th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry (AAPD), jeju, Korea, 2008.11.6-8, The International Journal of Oral Health, 2008.
    • 7. Takehara S, Yanagishita M, Podyma-Inoue KA, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Comparison of glycosylated and total salivary proteins between halitosis and non-halitosis patients. 8th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry (AAPD) , jeju, Korea, 2008.11.6-8, The International Journal of Oral Health, 2008.
    • 8. Ohnuki M, Zaitsu T, Yokoyama S, Yanagisawa T, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: The Study of Taste Disorder in Japanese High School Students. 8th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry (AAPD), jeju, Korea, 2008.11.6-8, The International Journal of Oral Health, 2008.
    • 9. 柳澤智仁, 大貫茉莉, 田村道子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 東京都内公立小・中学校における定期健康診断疾病異常調査結果の経年変化. 第67回日本公衆衛生学会, 福岡, 2008.11.5-7, 日本公衆衛生雑誌抄録集67:457, 2008.
    • 10. 白田千代子, 徳間みづほ, 小西千里, 遠藤圭子: 脳神経外科病棟入院患者を対象とした口腔ケア介入研究 第1報 症例報告, 第10回日本褥瘡学会, 神戸, 2008.8.29-30, 日本褥瘡学会誌, 10(3):403, 2008.
    • 11. 小西千里, 白田千代子, 遠藤圭子: 脳神経外科病棟入院患者を対象とした口腔ケア介入研究 第3報 介入前後の口腔内状況の変化について, 第10回日本褥瘡学会, 神戸, 2008.8.29-30, 日本褥瘡学会誌, 10(3):404, 2008.
    • 12. 遠藤圭子,小西千里,白田千代子,徳間みづほ,吉田直美:脳神経外科病棟入院患者を対象とした口腔ケア介入   研究 第2報 歯科衛生士による口腔ケアについて(第10回日本褥瘡学会),日本褥瘡学会誌,10(3):404,2008.
    • 13. Thuy PAV, Konishi C, Yanagisawa T, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Comparison of Oral Health Status between Vietnam and Japan. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):328, 2008.
    • 14. Samnieng P, Zaitsu T, Ueno M, Shinada K, Tsuruta J, Morio I, Kawaguchi Y: Students’ Evaluation of Dental Public Health Education Program in Thailand. 第58回日本口腔衛生学会・総会, 岐阜, 2008.10.9-11, 口腔衛生会誌, 58(4):331, 2008.
    • 15. 柳澤智仁, 大貫茉莉, 田村道子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 東京都内公立小・中学校の定期健康診断疾病異常調査結果の男女差および地域差に関する分析. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):339, 2008.
    • 16. 白田千代子, 小西千里, 徳間みづほ, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 自立高齢者に対する口腔機能向上プログラムの評価 第2報. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4 , 口腔衛生会誌, 58(4):354, 2008.
    • 17. 小西千里, 白田千代子, 遠藤圭子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 入院患者への専門的口腔ケアによる口腔保健状況の変化. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):363, 2008.
    • 18. 大貫茉莉, 財津 崇, 横山清香, 柳澤智仁, 半田紀穂子, 田村道子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 高校生の味覚異常と食習慣との関連について. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):378, 2008.
    • 19. 植野正之, 竹内 晋, 大城暁子, 柳澤智仁, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子, 田村光平: 糖尿病と口腔保健状況との関連について. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):397, 2008.
    • 20. 竹内 晋, 大城暁子, 植野正之, 大原里子, 柳澤智仁, 品田佳世子, 川口陽子, 田村光平: 機能歯ユニットの実態と摂取食品との関連について. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):398, 2008.
    • 21. 大城暁子, 竹内 晋, 植野正之, 大原里子, 柳澤智仁, 品田佳世子, 川口陽子, 田村光平: 口腔の健康状態の自己評価と口腔保健状況の関連について. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):399, 2008.
    • 22. 財津 崇, 柳澤智仁, 植野正之, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 成人の口腔保健状況と口腔健康関連QOLとの関連. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):400, 2008.
    • 23. 横山清香, 大貫茉莉, 財津 崇, 柳澤智仁, 半田紀穂子, 田村道子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 高校生の口臭に関する実態調査および関連要因についての分析. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):411, 2008.
    • 24. 竹原祥子, 柳下正樹, Podyma-Inoue KA, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 口臭外来受診患者の唾液タンパク質の比較分析. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):415, 2008.
    • 25. 品田佳世子, 竹原祥子, 小西千里, 横山清香, 財津 崇, 大貫茉莉, 植野正之, 小彈正公彰, 松嶋昭夫, 川口陽子: 亜塩素酸ナトリウム配合洗口液使用後の口腔内状況の変化. 第57回日本口腔衛生学会・総会, 大宮, 2008.10.2-4, 口腔衛生会誌, 58(4):422, 2008.
    • 26. 植野正之, 財津 崇, 柳澤智仁, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 機能歯ユニットによる咬合・咀嚼状況の評価. 第21回日本歯科医学総会, 横浜, 2008.11.14-16, 日本歯科医師会雑誌, 61(5):498, 2008.
    • 27. 品田佳世子, 植野正之, 柳澤智仁, 小西千里, 財津 崇, 大貫茉莉, 川口陽子: 息さわやか外来における口臭治療の現状. 第21回日本歯科医学総会, 横浜, 2008.11.14-16, 日本歯科医師会雑誌, 61(5):520, 2008.

    2007

    • 1. 品田佳世子, 古谷亜希子, 丹野優次, 川口陽子: 味覚テストを用いた健康づくりイベントについて. 第80回日本産業衛生学会, 大阪, 2007.4.25-28, 産衛誌, 80回CD-ROM抄録集, J306, 2007.
    • 2. 南郷里奈, 阿部尚美, 橋本 誠, 本田純久, ジァン ドゥーソッブ: 職域定期健康診断に基づく有所見率の年次推移. 第80回日本産業衛生学会, 大阪, 2007.4.25-28, 産衛誌, 80回CD-ROM抄録集, P2105, 2007.
    • 3. 椎名恵子, 中村房子, 土屋律子, 中村千賀子, 植野正之, 川口陽子: 母親は母子歯科保健サービスにどのような期待をもっているか サービス利用者に対するニーズ調査 第1報. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):447, 2007.
    • 4. 横山清香, 森 千里, 竹原祥子, 南郷里奈, 半田紀穂子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 高校生における口腔の健康状況の自己評価と口腔内状況との関連について. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):463, 2007.
    • 5. 品田佳世子, 竹原祥子, 財津 崇, 大貫茉莉, 横山清香, 森 千里, 川口陽子, 小彈正公彰, 松嶋昭夫: 亜塩素酸ナトリウム配合洗口液の口臭抑制効果. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):486, 2007.
    • 6. 川口陽子, 植野正之, 柳澤智仁, 大原里子, 品田佳世子: 咬合状況を評価する機能歯ユニット(FTU)に関する研究 第1報 FTUと現在歯数との関連について. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):504, 2007.
    • 7. 植野正之, 柳澤智仁, 大原里子, 品田佳世子, 川口陽子: 咬合状況を評価する機能歯ユニット(FTU)に関する研究 第2報 FTUと咀嚼能力との関連について. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):505, 2007.
    • 8. 財津 崇, 植野正之, 柳澤智仁, 大原里子, 品田佳世子, 川口陽子: 咬合状況を評価する機能歯ユニット(FTU)に関する研究 第3報 FTUと口腔の健康状態の自己評価との関連について. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):506, 2007.
    • 9. 古川清香, 森 智恵子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 口腔に関連した日常生活の障害と喫煙行動に関する研究. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):520, 2007.
    • 10. 柳澤智仁, 植野正之, 南郷里奈, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 喫煙状況と歯の喪失との関連について. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):521, 2007.
    • 11. 白田千代子, 徳間みづほ, 森 千里, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 自立高齢者を対象とした口腔機能向上プログラムの評価. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):556, 2007.
    • 12. 白田千代子, 北原 稔, 徳間みづほ, 森 千里, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 簡易型唾液分泌量測定シート開発の試み 第2報. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):557, 2007.
    • 13. 森 千里, 白田千代子, 徳間みづほ, 南郷里奈, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 自立高齢者における口腔の健康状態の自己評価と口腔内状況との関連について. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):558, 2007.
    • 14. 下山和弘, 竹原祥子: 高齢者の介護に対する意識調査. 第56回日本口腔衛生学会・総会, 東京, 2007. 10.3-5, 口腔衛生会誌, 57(4):559, 2007.
    • 15. 大原里子, 植野正之, 柳澤智仁, 川口陽子, 大山 篤, 平田創一朗, 北原 稔, 南 二郎, 俣木志朗: 臼歯部の咬合状況と口腔機能の低下に関する研究. 第66回日本公衆衛生学会, 松山, 2007.10.24-26, 日本公衆衛生雑誌, 54(10):520, 2007.
    • 16. 品田佳世子, 鶴本明久, 平田幸夫, 渡辺晃子, 本田正代, 中川律子, 鴨志田義功, 大橋伸一, 佐嶌正之, 今村嘉宣, 三国誠文: 神奈川県歯周疾患予防推進事業について. 第17回日本産業衛生学会, 東京, 2007.11.2-4, 第17回産業医・産業看護全国協議会講演集:145, 2007.
    • 17. 森 智恵子, 古川清香, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 定期歯科健康診断から考察した歯周炎対策. 第17回日本産業衛生学会, 東京, 2007.11.2-4, 第17回産業医・産業看護全国協議会.講演集:144, 2007.

    2006

    • 1. Yanagisawa T, Ueno M, Shinada K, Takenoshita M, Furukawa S, Kawaguchi Y: Health Information on Oral Malodor in Japanese Newspaper Articles. 84th IADR, Brisbane, Australia, 2006.6.28-7.1 , J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 85, 2006.
    • 2. Jigjid B, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y, Nyanrag P, Bazar A: Early childhood Caries of mongolian children aged 1-6 years. 84th IADR, Brisbane, Ausutralia, 2006.6.28-7.1 , J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 85, 2006.
    • 3. Tsuruta J, Kawaguchi Y, Araki K, Morio I: Formative Assessment of PBL Module “Society and Dentistry”. 84th IADR, Brisbane, Australia, 2006.6.28-7.1 , J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 85, 2006.
    • 4. Ueno M, Yanagisawa T, Sopapornamorn P, Shinada K, Kawaguchi Y: Oral Malodor Measurement with a New Portable Sulfide Monitor. 84th IADR, Brisbane, Australia, 2006.6.28-7.1 , J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 85, 2006.
    • 5. Jigjid B, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Relationship of Dental Caries with Socio-economic and Behavioral Factors of Preschool Children in Ulaanbaatar City, Mongolia. 7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry(AAPD), Okayama, 2006.11.29-12.1, The International Journal of Oral Health, .3:76, 2006.
    • 6. Mori C, Yanagisawa T, Yokoyama S, Nango R, Tamura M, Handa K, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Evaluation of Oral Health Education in High School Students. 7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry(AAPD), Okayama, 2006.11.29-12.1, The International Journal of Oral Health, 3:78, 2006.
    • 7. Takehara S, Mori C, Yanagisawa T, Yokohama S, Furukawa S, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Relationship between Saliva and Concentrations of Volatile Sulfur Compounds in Mouth Air. 7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry (AAPD), Okayama, 2006.11.29-12.1, The International Journal of Oral Health, 3:84, 2006.
    • 8. Handa K, Mori C, Yanagisawa T, Yokoyama S, Nango R, Tamura M, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Oral Malodor and its Related Factors of High School Students. 7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry(AAPD), Okayama, 2006.11.29-12.1, The International Journal of Oral Health, 3: 84, 2006.
    • 9. Liu XN, Ueno M, Shinada K, Chen XC, Zhang BX, Kawaguchi Y: Impact of Oral Hygiene Improvement on Oral Malodor in Chinese Population. 7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry(AAPD), Okayama, 2006.11.29-12.1, The International Journal of Oral Health, 3: 84, 2006.
    • 10. Shimura N, Nagata K: Health Promotion and Life. 第18回世界精神医学会, 2006.
    • 11. 古川清香, 森 智恵子, 品田佳世子, 川口陽子: 喫煙者と非喫煙者のタバコに関連する口腔疾患の認識について. 第79回日本産業衛生学会, 仙台, 2006.5.9.13, 産衛誌, 48:366, 2006.
    • 12. 川口陽子, 鶴田 潤, 森尾郁子, 荒木孝二: PBLテュートリアル「総合課題演習」を評価するための総括試験について.第25回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 仙台, 2006.6.17, 第25回日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集, 2006.
    • 13. 長島聡美, 高野敬子, 本田正代, 横山清香, 竹之下美穂, 柳澤智仁, 品田佳世子, 川口陽子, 渡辺晃子, 北原 稔: 「思春期の歯ぐき健康づくり事業」から(第1報) 高校生の口腔保健状況について. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):492, 2006.
    • 13. 長島聡美, 高野敬子, 本田正代, 横山清香, 竹之下美穂, 柳澤智仁, 品田佳世子, 川口陽子, 渡辺晃子, 北原 稔: 「思春期の歯ぐき健康づくり事業」から(第1報) 高校生の口腔保健状況について. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):492, 2006.
    • 14. 横山清香, 柳澤智仁, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子, 高野敬子, 長島聡美, 本田正代, 渡辺晃子, 北原 稔: 「思春期の歯ぐき健康づくり事業」から(第2報) 健康教育後の事後変化について.第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):493, 2006.
    • 15. 森 千里, 柳澤智仁, 植野正之, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 口腔保健状況の疫学調査-現在歯数と歯科保健行動との関連について-. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):496, 2006.
    • 16. 品田佳世子, 柳澤智仁, 南郷里奈, 植野正之, 大原里子, 川口陽子: 口腔保健状況の疫学調査-口腔の健康の自己評価と関連する要因について-. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生学会雑誌, 56(4):497, 2006.
    • 17. 柳澤智仁, 植野正之, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 口腔保健状況の疫学調査-歯周疾患と関連する要因について-. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):498, 2006.
    • 18. 植野正之, 柳澤智仁, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 口腔保健状況の疫学調査-口臭と関連する要因について-.第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):499, 2006.
    • 19. 南郷里奈, 柳澤智仁, 植野正之, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 口腔保健状況の疫学調査-口腔内の自覚症状と関連する要因-. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):500, 2006.
    • 20. 伊藤僚子, 柳澤智仁, 植野正之, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 口腔保健状況の疫学調査-食の満足度に関連する要因-.第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):501, 2006.
    • 21. Jigjid B, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Regional differences of caries experience in Mongolian pre-school children. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):504, 2006.
    • 22. 大原里子, 柳澤智仁, 川口陽子, 北原 稔, 大山 篤, 下山和弘, 俣木志朗: 地域住民を対象とした反復唾液嚥下テスト(RSST)調査-口腔乾燥が及ぼす影響について-. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):547, 2006.
    • 23. 竹原祥子, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 成人の味覚に関する予備調査. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):577, 2006.
    • 24. 白田千代子, 植野正之, 森 千里, 横山清香, 品田佳世子, 川口陽子, 北原 稔, 福美 昭, 黒田千恵: 簡易型唾液分泌測定シート開発の試み. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2006.10.6-8, 口腔衛生会誌, 56(4):580, 2006.
    • 25. 丸亀知美, 柳澤智仁, 大原里子, 川口陽子: 厚生労働省研究班による多目的コホート研究における歯科疾患の疫学研究 計画と実施. 第65回日本公衆衛生学会, 富山, 2006.10.25.-27, 日本公衆衛生雑誌, 53(10):879, 2006.

    2005

    • 1. Furukawa S, Abe S, Shinada K, Kawaguchi Y: Health Information on Tabacco and Oral Diseases in Japanese Newspapers. 83nd IADR ,Baltimore,Md., U.S.A, 2005.3.9-12, J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 84, 2005.
    • 2. Abe S, Furukawa S, Shinada K, Kawaguchi Y: Fluoride Information of Caries Prevention Articles in Japanese Newspapers. 83nd IADR , Baltimore,Md., U.S.A, 2005.3.9-12, J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 84, 2005.
    • 3. Liu XN, Shinada K, Abe S, Chen XC, Zhang BX, Kawaguchi Y: Improvement of periodontal status, knowledge and behaviour by participato ry education. 83nd IADR, Baltimore,Md., U.S.A, 2005.3.9-12, J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 84, 2005.
    • 4. Jigjid B, Furukawa S, Shinada K, Kawaguchi Y, Nyanrag P: Early Childhood Caries in Two Different Socioeconomic Districts of Mongolia. 83nd IADR , Baltimore,Md., U.S.A, 2005.3.9-12, J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 84, 2005.
    • 5. Jigjid B, Furukawa S, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Caries Experience of Mongolian Preschool Children. 8th WCPD, Liverpool, UK, September 7-10, 2005, WCPD Programme and Abstracts, 2005.
    • 6. 8th WCPD Programme and Abstracts, 2005.
    • 7. Nango R, Igarashi I, Ohara S, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Trends in Dental Utilization and Dental Practice in Japan. 8th WCPD, Liverpool, UK, September 7-10, 2005, WCPD Programme and Abstracts, 2005.
    • 8. Vachirarojpisan T, Shinada K, Kawaguchi Y: Impact of Water Source on Dental Fluorosis in Thailand. 8th WCPD Liverpool, UK, September 7-10, 2005, WCPD Programme and Abstracts, 2005.
    • 9. 有明幹子, 品田佳世子, 西山佳秀, 川口陽子, 本間敏道: 高齢者における全身と口腔の健康および生活習慣との関連性. 第70回口腔病学会総会,2005.12.2, 口病誌, 72(1), 2005.
    • 10. 南郷里奈, 品田佳世子, 川口陽子: わが国における予防を主体とした歯科受診の現状に関する研究. 第70回口腔病学会総会,2005.12.2, 口病誌, 72(1), 2005.
    • 11. 品田佳世子, 藤田雄三, 川口陽子: 職域の歯科保健セルフケア支援システムの一例. 第79回日本産業衛生学会,仙台, 2005.5.9-12, 産衛誌, 47(臨時増刊号):385, 2005.
    • 12. 川口陽子, 森尾郁子, 鶴田 潤, 江藤一洋: 歯学領域における国際貢献活動-東南アジア歯学教育プロジェクト. 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 徳島, 2005.7.7-8, 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集, 2005.
    • 13. 鶴田 潤, 川口陽子, 荒木孝二, 江藤一洋, 俣木志朗, 森尾郁子: 総合課題演習テューター養成の在り方について.  第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 徳島, 2005.7.7-8, 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会   プログラム・抄録集, 2005.
    • 14. 古川清香, 徳永 涼, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: 歯科学生の喫煙習慣及び喫煙に関する意識調査. 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 徳島, 2005.7.7-8, 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 プログラム・抄録集, 2005.
    • 15. 戸室かおり, 五十嵐 公, 川口陽子: 在宅要介護高齢者に対するIT技術を応用した個別指導. 第54回日本口腔衛生学会・総会, 品川, 2005.10.6-8, 口腔衛生会誌, 55(4):336, 2005.
    • 16. 伊藤僚子, 品田佳世子, 川口陽子: スマトラ沖地震・津波後のインドネシアにおける国際緊急援助活動について. 第54回日本口腔衛生学会・総会, 品川, 2005.10.6-8, 口腔衛生会誌, 55(4):397, 2005.
    • 17. 植野正之, 竹之下美穂, 横山清香, 柳澤智仁, 古川清香, 金山 晶, 渡邊英明, Sopapornamorn P, 品田佳世子, 川口陽子: 臨床でのブレストロンを用いた口臭測定について. 第54回日本口腔衛生学会・総会, 品川, 2005.10.6-8, 口腔衛生会誌, 55(4):347, 2005.
    • 18. 柳澤智仁, 竹之下美穂, 古川清香, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: 新聞に掲載された口臭関連の記事について. 第54回日本口腔衛生学会・総会, 品川, 2005.10.6-8, 口腔衛生会誌, 55(4):457, 2005.
    • 19. Sopapornamorn P, Ueno M, Shinada K, Yanagishita M, Kawaguchi Y: Correlation between total salivary protein content and VSC levels in malodor patients. 第55回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2005.10.6-8, 口腔衛生会誌, 55(4):458, 2005.
    • 20. 金山 晶, 南郷里奈, Sopapornamorn P, 植野正之, 渡邊英明, 品田佳世子, 川口陽子: 口臭症患者に対する口腔清掃の効果について. 第54回日本口腔衛生学会・総会, 品川, 2005.10.6-8, 口腔衛生会誌, 55(4):459, 2005.
    • 21. 古川清香, 伊藤僚子, 阿部 智, 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: タバコと関連する口腔疾患情報について. 第54回日本口腔衛生学会・総会, 品川, 2005.10.6-8, 口腔衛生会誌, 55(4):480, 2005.
    • 22. 南郷里奈, 五十嵐 公, 大原里子, 品田佳世子, 川口陽子: わが国における歯科受診状況および診療内容の推移. 第54回日本口腔衛生学会・総会, 品川, 2005.10.6-8, 口腔衛生会誌, 55(4):484, 2005.
    • 23. 西山佳秀, 有明幹子, 品田佳世子, 本間敏道, 大原里子, 下山和弘, 川口陽子: 専門的口腔ケアによる要介護高齢者の口腔内状況の変化と生命予後の関連について. 第54回日本口腔衛生学会・総会, 品川, 2005.10.6-8, 口腔衛生会誌, 55(4):494, 2005.
    • 24. 志村則夫: 溶岩から出たウルトラナノバイオに関する研究. 第2回ソマチッド学会, 2005.
    • 25. 植野正之, 品田佳世子, 川口陽子: Coverage of Fluoride Mouthrinses Articles in Japanese Newspapers. 第53回国際歯科研究学会日本部会(JADR),岡山, 2005.11.26-27, JADR Abstracts of Paper, 94, 2005.
    • 26. 品田佳世子, 金山 晶, 渡邊英明, 古川清香, 柳澤智仁, 竹之下美穂, 横山清香, 植野正之, 川口陽子: Relationship between oral malodor and clinical parameters. 第53回国際歯科研究学会日本部会(JADR),岡山, 2005.11.26-27, JADR Abstracts of Paper, 95, 2005.

    2004

    • 1. Shinada K, Kawaguchi Y, Watanabe H, Sopapornamorn P, Kanayama S, Liu XN, Abe S, Vachirarojpisan T, Tagashira M: Effect of Hop Bract Polyphenols Mouthrinse on Plaque Regrowth. 82nd IADR , Hawaii, 2004.3.10-14, J Dent Res CD-ROM of Abstracts, 83: 3440, 2004.
    • 2. Liu XN: Halitosis and related factors in a Chinese General Population. 6th ISBOR, London, UK, 2004.4 20-22, ISBOR Abstracts, 2004.
    • 3. Sopapornamorn P: Subjective symptoms and knowledge of Oral Malodor on dental Students in Thailand. 6th ISBOR, London, UK, 2004.4 20-22, ISBOR Abstracts, 2004.
    • 4. Vachirarojpisan T, Shinada K, Kawaguchi Y.: Early childhood caries among Thai children: two-year cohort study. The 4th Conference of Pediatric Dentistry Association of Asia, Thailand, 2004.10
    • 5. Kawaguchi Y, Shinada K, Watanabe H, Sopaponamorn P, Kanayama A, Liu XN, Abe S, Vachirarojpisan T, Tagashira M: Clinical Trial of Hop Bract Polyphenols Mouthrinse on plaque regrowth. 6th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry(AAPD), 2004.12.3-5,Bali, Indonesia, The international Journal of Oral Health, 1:30, 2004.
    • 6. Liu XN, Shinada K, Abe S, Xiao CC, Zhang BX, Kawaguchi Y : Improvement of oral health knowledge and behaviors by participatory dental health education. 6th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry(AAPD), 2004.12.3-5,Bali, Indonesia, The international Journal of Oral Health, 1:44, 2004.
    • 7. Sopapornamorn P: Reliabilityof a new sulfide monitor in halitosis measurement. The 1st International Conference for Research Presentation of Dental Students and Instructors, 2004.
    • 8. 品田佳世子, 渡邊英明, 金山 晶, 古川清香, Sopapornamorn P, 劉 雪楠, 川口陽子: 「息さわやか外来」を受診した口臭患者について. 口腔病学会, 2004.12.3-4, 口病誌, 71(1):51, 2004.
    • 9. 大鶴次郎, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子, 大藤芳樹: 在日外国人の歯科保健状況および受療行動について. 神奈川県歯科医師会第2回学術大会事後抄録集:18, 2004.
    • 10. 志村則夫: Oral Health Creation and Oral Health Promotion-いのちの視点からの口腔の健康を考える-. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):309, 2004.
    • 11. 椎名恵子, 藤本まり子, 阿部 智, 渡邊英明, 川口陽子: 東京都北多摩南部保健医療圏におけるフッ化物応用の現状と推進のための課題. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):332, 2004.
    • 12. 品田佳世子, 有明幹子, 川口陽子: 自立高齢者の生活習慣,食生活,歯科保健に関する調査. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):345, 2004.
    • 13. 大原里子, 瀧口 徹, 品田佳世子, 佐々木好幸, 大山 篤, 齋藤 淳, 佐藤陽子, 高木裕三: 3年制課程で歯科衛生士教育を受けた学生の各科目に対する認識. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):363, 2004.
    • 14. 大原里子, 品田佳世子, 大山 篤, 半田紀穂子, 俣木志朗: 健康で活動的な高齢者の口腔の健康に関する意識調査. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):364, 2004.
    • 15. 財津 崇, 大鶴次郎, 渡邊英明, 阿部 智, 品田佳世子, 下山和弘, 野村義明, 川口陽子: WHOの6地域別にみた世界各国のう蝕有病状況. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):375, 2004.
    • 16. 阿部 智, 古川清香, 柳澤智仁, 品田佳世子, 川口陽子: テレビにより提供された歯科健康情報の動向分析. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):376, 2004.
    • 17. 徳永 涼, 古川清香, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: 歯科学生の喫煙と健康に関する意識調査. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):390, 2004.
    • 18. 古川清香, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: 新聞記事におけるタバコ関連疾患の情報について. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):453, 2004.
    • 19. 柳澤智仁, 品田佳世子, 川口陽子: 男子中学生・高校生の口臭と歯の着色に関する意識調査. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):467, 2004.
    • 20. Sopapornamorn P, 渡邊英明, 金山 晶, 古川清香, 品田佳世子, 川口陽子: Comparison of VSCs concentrations measured by Breathtron and gas chromatography. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4) : 468,2004.
    • 21. Liu XN, Abe S, Shinada K, Yaegaki K, Kawaguchi Y: Questionnaire survey on halitosis and VSCs level in Chinese population. 第53回日本口腔衛生学会・総会, 岩手, 2004.9.17-19, 口腔衛生会誌, 54(4):472, 2004.
    • 22. 古川清香, 中村修一, 立山加代, 小山修, 奥野ひろみ, 安部一紀, 深井穫博: NGO国際歯科保健協力に参加した新人の意識調査. 第19回日本国際保健医療学会, 東京, 2004.10.9-10, 国際保健医療, 19:193, 2004.
    • 23. 埴岡 隆, 小島美樹, 川口陽子, 稲葉大輔, 雫石 聰: 歯科患者への実践的な禁煙誘導と禁煙サポート法. 第20回日本歯科医学会総会, 横浜, 2004.10.29-31, 日本歯科医師会雑誌, 57(4):72, 2004.
    • 24. 日本口腔衛生学会フッ化物応用委員会(川口陽子): フッ化物ではじめるむし歯予防. 第20回日本歯科医学会総会, 横浜, 2004.10.29-31, 日本歯科医師会雑誌, 57(4):80, 2004.
    • 25. 佐々木 洋, 向井美惠, 田中英一, 井上美津子, 吉田昊哲, 安井利一, 眞木吉信, 川口陽子, 北原 稔: 口から育つこころと身体. 第20回日本歯科医学会総会, 横浜, 2004.10.29-31, 日本歯科医師会雑誌, 57(4):87, 2004.
    • 26. 品田佳世子, 渡邊英明, 金山 晶, 古川清香, 阿部 智, 川口陽子: 口臭治療におけるかかりつけ歯科医と病院の連携システム. 第20回日本歯科医学会総会, 横浜, 2004.10.29-31, 日本歯科医師会雑誌, 57(4):99, 2004.
    • 27. 阿部 智, 古川清香, 品田佳世子, 川口陽子: 新聞に掲載されたう蝕予防関連記事の情報分析. 第20回日本歯科医学会総会, 横浜, 2004.10.29-31, 日本歯科医師会雑誌, 57(4):97, 2004.
    • 28. 渡邊英明, 品田佳世子, 川口陽子, 山下靖雄: Microscopic Observation of Human Tongue and Tongue Coating. 第52回国際歯科研究学会日本部会(JADR)総会・学術大会, 東京, 2004.11.27-28, JADR Abstracts of Paper, 99, 2004.

    2003

    • 1. Sasaki Y, Miura Y, Mataki S, Kawaguchi Y, Kurosaki N: Intra-examinee and Inter-examinee Variance of Voltile Sulfide Compound Level. 81st IADR, Goteborg, Sweden, 2003.6.25-28, J Dent Res, 82(IADR Abstracts):143, 2003.
    • 2. Kawaguchi Y, Morio I, Tsuruta J, Miura H, Eto K: International Students Education in Japanese Dental Schools. 81st IADR, Goteborg, Sweden, 2003.6.25-28, J Dent Res, 82(IADR Abstracts):209, 2003.
    • 3. Abe S, Shinada K, Kawaguchi Y: Television advertisements of oral health product companies in Japan. 81st IADR, Goteborg, Sweden, 2003.6.25-28, J Dent Res, 82 (IADR Abstracts):350, 2003.
    • 4. Vachirarojpisan T, Shinada K, Kawaguchi Y, Laungwechakan P, Somkote T, Detsomboonrat P: Participatory Dental Health Education Program for Preventing Early Childhood Caries in Thailand. 81st IADR, Goteborg, Sweden, 2003.6.25-28, J Dent Res, 82(IADR Abstracts):382, 2003.
    • 5. Nisiyama Y, Kawaguti Y, Shinada K, Asaka T, Honma T, Ariake M: Oral Health Status and Oral Microorganisms in The Elderly Needing Care. The 7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, 2003.11.15, 2003.
    • 6. Otsuru J, Shinada K, Kawaguchi Y, Preliminary clinical evaluation of the OHSI in a migrant population. 8th Annual Conference of the European Association of Dental Public Health, Budapest, Hungary, 2003.9.17-19, EADPH Abstracts:79, 2003.
    • 7. 品田佳世子, 渡邊英明, 有明幹子, 金山 晶, 劉 雪楠, Sopapornamorn P, 川口陽子, 田頭素行, 神田智正, 池田満雄: ホップポリフェノールの歯垢付着抑制効果. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):338, 2003.
    • 8. 遠藤圭子, 近藤圭子, 吉田直美, 品田佳世子, 川口陽子: 昼食後の歯磨きの実施・中止体験学習について. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):378, 2003.
    • 9. 遠藤圭子, 白田千代子, 近藤圭子, 吉田直美, 品田佳世子, 川口陽子: 自立高齢者の口腔保健行動に関する調査. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):379, 2003.
    • 10. 田村道子, 品田佳世子, 川口陽子: 東京都新宿区における歯周疾患検診事業について. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):410, 2003.
    • 11. 金山 晶, 下山和弘, 野村義明: WHOデータバンクによる高齢者の無歯顎者率に関する調査. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):411, 2003.
    • 12. 有明幹子, 品田佳世子, 川口陽子: 某官庁職員の歯科保健状況と生活習慣,食生活との関連性. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):416, 2003.
    • 13. 劉 雪楠, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: 中華人民共和国北京市における口臭に関する疫学調査. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):461, 2003.
    • 14. 渡邊英明, 金山 晶, Sopapornamorn P, 劉 雪楠, 古川清香, 品田佳世子, 川口陽子: 「息さわやか外来」を受診した口臭患者の実態調査. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):463, 2003.
    • 15. 古川清香, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: マスメディアを介した歯科保健情報について. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):472, 2003.
    • 16. 鶴本明久, 深井穫博, 安藤雄一, 川口陽子, 高江洲義矩: フッ化物洗口プログラム普及に関する構造モデル. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):481, 2003.
    • 17. Vachirarojpisan T, 杉浦 剛, 品田佳世子, 川口陽子: タイの農村地域における飲料水中のフッ化物イオン濃度と歯のフッ素症との関連について. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):482, 2003.
    • 18. Sopapornamorn P, 品田佳世子, 川口陽子: タイ王国における歯科疾患実態調査について-日本との比較-. 第52回日本口腔衛生学会・総会, 北九州, 2003.9.25-27, 口腔衛生会誌, 53(4):517, 2003.
    • 19. 杉浦 剛, 品田佳世子, 川口陽子: 日本とタイの歯科学生の学生生活に関する意識調査. 第22回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 長崎, 2003.7.11, 第22回日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集:57, 2003.

    2002

    • 1. Shimura N, Nagata K, Hatakeyama T, Oishi Y, Nishiyama Y: Health Creation and Self-organization. XII World Congress of Psychiatry Abustracts, 1:143, 2002.
    • 2. Vachirarojpisan T, 杉浦 剛, 品田佳世子, 川口陽子: タイにおける乳幼児のう蝕罹患状況とミュータンス連鎖球菌数との関連. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):416-417, 2002.
    • 3. 劉 雪楠, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: 中華人民共和国における歯科疾患実態調査について―日本との比較―. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):414-415, 2002.
    • 4. 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子, Lee B, Moon H, 高江洲義矩: 韓国におけるう蝕予防関連新聞記事に関する情報分析. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):418-419, 2002.
    • 5. 村野眞佐美, 有明幹子, 品田佳世子, 川口陽子: 口腔清掃習慣と健康行動との関連性について. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):478-479, 2002.
    • 6. 西山佳秀, 北原 稔, 川口陽子: 幼児歯科保健アセスメント・モニタリングシステム構築の試み. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):286‐287, 2002.
    • 7. 渡邊英明, 阿部 智, 金山 晶, 杉浦 剛, 品田佳世子, 下山和弘, 野村義明, 安藤雄一, 川口陽子: 各国の歯科疾患実態調査による高齢者の歯科保健状況に関する国際比較. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):434‐435, 2002.
    • 8. 豊島義博, 川口陽子: 社内LANを利用した遠隔保健指導の試み. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14,口腔衛生会誌, 52(4):520‐521, 2002.
    • 9. 三浦佳子, 溝口玲子, 品田佳世子, 下山和弘, 川口陽子: 定期的な予防管理を受けている人の口腔内状況について. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):474‐475, 2002.
    • 10. 高野由美子, 品田佳世子, 遠藤圭子, 川口陽子: 昼食後の歯磨き習慣と歯科保健状況,歯科保健意識,保健行動との関連性. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):618‐619, 2002.
    • 11. 平田幸夫, 藤山快恵, 石川清子, 川口陽子, 高江洲義矩: 都道府県及び都道府県歯科医師会発行した「齲蝕予防に関するマニュアル」の分析. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):338‐339, 2002.
    • 12. 田村道子, 阿部 智, 金山 晶, 品田佳世子, 川口陽子, 高江洲義矩: フッ化物応用に関する歯科専門家の考え-フォーカスグループ・インタヴューによる情報収集-. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):316‐317, 2002.
    • 13. 山本龍生, 渡邊達夫, 川口陽子, 高江洲義矩: 各国の公的機関が発するフッ化物情報に関する研究. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):312‐313, 2002.
    • 14. 中道 慧, 志村則夫: 三歳児の前歯被蓋関係と生活習慣. 第51回日本口腔衛生学会・総会, 大阪, 2002.9.12-14, 口腔衛生会誌, 52(4):290-291, 2002.
    • 15. 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子, 中村桂子, 高野健人, 梁 勤, 石四箴: 中華人民共和国上海市における12歳児の歯科保健状況・行動・意識の分析. 第16回国際保健医療学会, 神戸, 2002.8.1-3, 国際保健医療, 17:191, 2002.
    • 16. 杉浦 剛, Thanomsri A, Vachirarojpisan T, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子, 森尾郁子: 歯学学生の国際交流への関心度-東京医科歯科大学とチュラロンコン大学の比較-. 第67回口腔病学会総会・学術大会,2002.11.22‐11.23, 口病誌, 69(1):57‐58, 2002.
    • 17. 品田佳世子, 阿賀野智子, 藤田雄三, 川口陽子: 歯科健診受診者の口腔内状況および歯科保健行動の変化. 第75回日本産業衛生学, 神戸, 2002.4.10-12, 産衛誌, 44:726, 2002.

    2001

    • 1. Abe S, Tanaka K, Hashizume LN, Cariño KMG, Shinada K, Kawaguchi Y: Health Information in Japanese Newspaper Articles about Dental Caries Prevention. 7th WCPD, Beijing , China, 2001.4.24-27 , 7th WCPD Programme and Abstracts:85, 2001.
    • 2. Vachirarojpisan T, KAWAGUCHI Y: Inequity of Oral Health Status and Dental Service Utilization. 7th WCPD, Beijing, China, 2001.4.24-27, 7th WCPD Programme and Abstracts:90, 2001.
    • 3. Hashizume LN, Shinada K, Kawaguchi Y: Influence of Three Electronic Toothbrushes on Streptococcus Mutans. 7th WCPD, Beijing , China, 2001.4.24-27 , 7th WCPD Programme and Abstracts:100, 2001.
    • 4. Cariño KMG, Shinada K, Kawaguchi Y: Oral Health of Mothers in Northern Philippines. 7th WCPD, Beijing , China, 2001. 4.24- 27, 7th WCPD Programme and Abstracts:111, 2001.
    • 5. Kawaguchi Y, Shinada K, Sasaki Y, Hashizume LN, Cariño KMG, Abe S, Ohara S: School-based Oral Health Promotion Programs in Hiraizumi Japan. 7th WCPD, Beijing , China, 2001.4.24-27 , 7th WCPD Programme and Abstracts:164-165, 2001.
    • 6. Cariño KMG, Shinada K, Kawaguchi Y: Risk factors for early childhood caries among Filipino pre-school children. 79th IADR, Chiba, 2001.6.27-30, J Dent Res, 80(IADR Abstracts):539, 2001.
    • 7. Vachirarojpisan T, Kraisurapong S, Jangthanorm S, Pannarrunothai S, Kawaguchi Y: Oral Health Utilization and Expenditure of Adults in Thailand. 79th IADR, Chiba, 2001.6.27-30, J Dent Res, 80(IADR Abstracts):540, 2001.
    • 8. Tamura M, Sato T, Miura H, Kawaguchi Y: Dental Care Program for Homebound Elderly Patients in Shinjuku. 79th IADR, Chiba, 2001.6.27-30, J Dent Res, 80(IADR Abstracts):564, 2001.
    • 9. Hashizume LN, Shinada K, Yamashita Y, Kawaguchi Y: Morphological Study of Streptococcus mutans in Early Colonization on Enamel. 79th IADR, Chiba, 2001.6.27-30, J Dent Res, 80(IADR Abstracts):567, 2001.
    • 10. Shinada K, Fujita Y, Kawaguchi Y: Relationship between Workers’ Behavior and Oral Health Status. 79th IADR, Chiba, 2001.6.27-30, J Dent Res, 80(IADR Abstracts):668, 2001.
    • 11. Otsuru J, Maki Y, Abe S, Kawaguchi Y: Oral Health Survey on Adult Migrant Workers in Kanagawa. 79th IADR, Chiba, 2001.6.27-30, J Dent Res, 80 (IADR Abstracts):668, 2001.
    • 12. Hakuta C, Kawagishi M, Kawaguchi Y: Maternal and Child Oral Health Promotion Program at Health Center. 79th IADR, Chiba, 2001.6.27-30, J Dent Res, 80(IADR Abstracts):717, 2001.
    • 13. Abe S, Ariake M, Shinada K, Kawaguchi Y: Survey on Oral Hygiene Practice of Japanese people. 79th IADR, Chiba 2001.6.27-30, J Dent Res, 80(IADR Abstracts):743, 2001.
    • 14. Cariño KMG, Shinada K, Abe S, Kawaguchi Y: Early childhood caries (ECC) among pre-school children in Northern Philippines. 79th IADR,Chiba, 2001.6.27-30, J Dent Res, 80(IADR Abstracts):1377, 2001.
    • 15. Iwasaka H, Tsukamoto T, Iwai H, Tsunokawa S, Hojo K, Saito H, Kawaguchi Y: “Good-bye Bad Breath” Campaign by Hakodate Dental Association, Japan, Part 1:Introduction of the Campaign. 5th ISBOR, Tokyo, 2001.7.1, ISBOR Abstracts :73, 2001.
    • 16. Iwai H, Tsukamoto T, Iwasaka H, Tsunokawa S, Yamaguchi K, Saito H, Kawaguchi Y: “Good-bye Bad Breath” Campaign by Hakodate Dental Association, Japan, Part 2: Community approach and individual approach. 5th ISBOR , Tokyo, 2001.7.1, ISBOR Abstracts:74, 2001.
    • 17. 荒木孝二, 黒崎紀正, 鳥山佳則, 礪波健一, 臼井和弘, 中里孝宏, 最上清子, 村野眞佐美, 品田佳世子, 三浦佳子, 大谷明子, 笠井美香子, 溝口玲子, 大沼由季: 口腔健康ドック試行の結果について. 第66回口腔病学会総会・学術大会,2001.11.30‐12.1, 口病誌, 68:155, 2001.
    • 18. 品田佳世子, 阿賀野智子, 藤田雄三, 川口陽子: 従業員の歯科保健状況と生活習慣との関連性について. 第74回日本産業衛生学会,高知,2001.4.4-8,産衛誌, 43(臨時増刊号):602, 2001.
    • 19. 近藤圭子, 品田佳世子, 遠藤圭子, 吉田直美, 三浦佳子, 笠井美香子, 溝口玲子, 荒木孝二, 川口陽子, 黒崎紀正: 学生の歯科保健指導による患者の口腔内状況の変化. 第20回日本歯科医学教育学会総会・学術大会,東京, 2001.6.26, 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集:72, 2001.
    • 20. Cariño KMG, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: フィリピンにおける未就学児の母親の歯科保健状況および歯科保健行動に関する研究. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30,口腔衛生会誌, 51(4):760-761, 2001.
    • 21. Anantvoranich T, Vachirarojpisan T, 森尾郁子, 阿部 智, 杉浦 剛, 品田佳世子, 川口陽子: 日本とタイの歯科学生の国際交流への関心度について. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):762-763, 2001.
    • 22. Vachirarojpisan T, 杉浦 剛, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: タイにおける歯科保健状況の社会階層による比較. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):762-763, 2001.
    • 23. 阿部 智, 有明幹子, 品田佳世子, 川口陽子: わが国におけるフッ化物配合歯磨剤の利用状況-関東地区 その2 東京都内の幼稚園児,小学生,中学生およびその保護者の結果. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):428-429, 2001.
    • 24. 森 智恵子, 井上百世, 佐々木好幸, 品田佳世子, 川口陽子, 久米章司: 事業所における歯科健診後の事後措置システム構築の試み(第3報). 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):658-659, 2001.
    • 25. 村野眞佐美, 佐々木好幸, 有明幹子, 品田佳世子, 川口陽子: 某官庁職員の歯科保健状況および歯科保健意識について. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):656-657, 2001.
    • 26. 大鶴次郎, 阿部 智, 川口陽子: 在日外国人の歯科医療に関する実態調査. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):462-463, 2001.
    • 27. 田村道子, 品田佳世子, 川口陽子: 新宿区における在宅歯科訪問診療実績に関する統計調査. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):704-705, 2001.
    • 28. 有明幹子, 品田佳世子, 川口陽子: 学生の歯科保健状況と食習慣との関連性-“ごはん食”との関わりについて-. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):616-617, 2001.
    • 29. 鈴木美和, 藤田玲子, 栁澤正三, 菊田隆夫, 川口陽子: 府中市・小金井市における歯科保健医療連携システムの構築. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):706-707, 2001.
    • 30. 品田佳世子, 阿賀野智子, 藤田雄三, 川口陽子: 職域における歯科保健に関する年代別事後措置システムについて. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):434-435, 2001.
    • 31. 橋爪リナ直美, 品田佳世子, 山下靖雄, 川口陽子: Streptococcus mutansを付着させたエナメル質表面層における経時的な形態変化. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):542-543, 2001.
    • 32. Anantvoranich T, Vachirarojpisan T, 森尾郁子, 阿部智, 杉浦剛, 品田佳代子, 川口陽子:日本とタイの歯科学生の国際交流への関心度について. 第50回日本口腔衛生学会・総会, 名古屋, 2001.9.29-30, 口腔衛生会誌, 51(4):764-765, 2001.
    • 33. 大鶴次郎, 天明佳臣, 早川 寛, 阿部 智, 川口陽子: 港町歯科における在日外国人歯科医療の現状. 第16回国際保健医療学会,東京, 2001.10.7-8,国際保健医療,16:130, 2001.
    • 34. 門井謙典, 中村彩花, 阿部 智, 眞木吉信: ミャンマースタディーツアー報告. 第16回国際保健医療学会,東京, 2001.10.7-8, 国際保健医療, 16:130, 2001.
    • 35. 杉浦 剛, Anantvoranich T, Vachirarojpisan T, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子, 森尾郁子: 歯学学生の国際交流への関心度-東京医科歯科大学とチュラロンコン大学の比較-. 第66回口腔病学会総会・学術大会,2001.11.30‐12.1, 口病誌, 69(1):57, 2001.

    2000

    • 1. Cariño KMG, Miguel SS, Kawaguchi Y, Shinada K, Shimura N: Oral Health of Children of Filipino Women in Japan. 77th IADR, Singapore, 1999.9.27-29, J Dent Res, 79(5):1316, 2000.
    • 2. Cariño KMG, Kawaguchi Y, Shinada K, Shimura N: Oral Health of Filipino Mothers and Their Bicultural Japanese Children.,. 77th IADR, Singapore, 1999.9.27-29, J Dent Res, 79(5):206, 2000.
    • 3. Kawaguchi Y, Morio I, Yamada R, Cariño KMG, Shinada K, Tanaka K: Health Information on Dental Caries Prevention in Japanese Newspaper Articles. 77th IADR, Singapore , 1999.9.27-29, J Dent Res, 79(5):291, 2000.
    • 4. Cariño KMG, Kawaguchi Y, Fuangtharnthip P, Shwe M, Nakakuki K: Utilization of Oral Health Services among Migrant Workers in Japan. 22nd APDC, Tokyo, 2000.5.25-30, The Journal of the Japan Dental Association, 52(11):155, 2000.
    • 5. Hashizume LN, Shinada K: Effect of Ultrasonic Toothbrush on Streptococcus mutans. 22nd APDC, Tokyo, 2000.5.25-30, The Journal of the Japan Dental Association, 52:156, 2000.
    • 6. 村野眞佐美, 川口陽子, 黒崎紀正: 「かかりつけ歯科医」に関する意識調査と口腔内保健状況との関連性. 第65回口腔病学会,2000.11.24-25, 口病誌, 67:113, 2000.
    • 7. 森尾郁子, 川口陽子, 須田英明, 江藤一洋: 歯学部学生の国際交流への関心度について. 第19回日本歯科医学教育学会, 札幌, 2000.7, 第19回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 プログラム・抄録集:89,2000.
    • 8. 川口陽子, 荒尾宗孝, 岡村和彦, 豊福 明, 星佳芳, 宮崎秀夫, 八重垣健, J.M.Coil: 口臭症の国際分類について. 第 15回日本歯科心身医学会学術大会,福岡, 20007.14 ,日歯心身, 15(2):231, 2000.
    • 9. 品田佳世子, 飯田智子, 藤田雄三, 川口陽子: 50歳代従業員の歯科保健状況と生活習慣との関連性について. 第49回日本口腔衛生学会・総会, 札幌, 2000.10.05,口腔衛生会誌, 50(4):468-469, 2000.
    • 10. 森尾郁子, 阿部 智, 川口陽子: 学生の国際交流への関心度に影響を及ぼす諸要因. 第49回日本口腔衛生学会・総会, 札幌, 2000.10.05, 口腔衛生会誌, 50:530-531, 2000.
    • 11. 川口陽子, 三浦佳子, 村野眞佐美, 阿部 智, 田中健一: ソウル日本人学校における小学生父兄を対象とした保健医療サービスに関する意識調査. 第49回日本口腔衛生学会・総会, 札幌, 2000.10.05, 口腔衛生会誌, 50(4):532-533, 2000.
    • 12. 阿部 智, 眞木吉信, 村井正雄: ソロモン諸島における青少年の歯科疾患の実態調査. 第49回日本口腔衛生学会・総会, 札幌, 2000.10.05, 口腔衛生会誌, 50(4):536-537, 2000.
    • 13. Cariño KMG, 阿部 智, 品田佳世子, 川口陽子: 在日フィリピン人女性とその子供の歯科保健状況および歯科保健行動に関する研究. 第49回日本口腔衛生学会・総会,札幌, 2000.10.05,口腔衛生会誌, 50(4):534-535, 2000.
    • 14. 橋爪リナ直美, 品田佳世子, 川口陽子: 食品中の物質がStreptococcus mutansの生育に及ぼす影響について. 第49回日本口腔衛生学会・総会, 札幌, 2000.10.05, 口腔衛生会誌, 50:580-581, 2000.
    • 15. 森 智恵子, 井上百世, 品田佳世子, 川口陽子, 久米章司: 事業所における歯科健診後の事後措置システム構築の試み(第2報). 第49回日本口腔衛生学会・総会, 札幌, 2000.10.05, 口腔衛生会誌, 50(4):660-661, 2000.
    • 16. 村野眞佐美, 有明幹子, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 某官庁職員を対象とした歯科保健に関する意識調査. 第49回日本口腔衛生学会・総会, 札幌, 2000.10.05, 口腔衛生会誌, 50(4):662-663, 2000.
  • 2019
    2016
    2015
    2014
    2013
    2012
    2011
    2010
    2009
    2008
    2007
    2006
    2005
    2004
    2003
    2002
    2001
    2000

    2019

    • 1. 財津崇(分担):厚生労働科学研究費「歯科口腔保健の新たな評価方法· 評価指標の開発のための調査研究~我が国の歯科健康格差縮小へのヘルスサービスリサーチ~」
    • 2. 斉藤智也(代表):富徳会研究者助成金「ICTを活用した歯科口腔健康管理システムの開発と評価」
    • 3. Nguyen Thi Nhat Vy(代表):富徳会研究者助成金「ベトナムにおける学校歯科健康教育の効果に関する実証研究」

    2016

    • 1. 厚生労働省労災疾病臨床研究事業費補助金「歯科口腔保健と作業関連疾患との関連に関する関する実証研究」
    • 2. 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B「舌苔付着のメカニズムの解明 臨床応用可能な舌苔評価方法の確立」
    • 3. 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B「口臭の原因物質産生に関連する細菌の探索—メタゲノム解析を用いて—」
    • 4. 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C「呼気中の揮発性有機成分の選択的検出による早期肺がんの高感度スクリーニング」
    • 5. 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究B(海外学術調査「モンゴロイドにおける顎顔面形態の国際比較研究」
    • 6. 富徳会研究者助成金「Early childhood caries(ECC)and related factors in Vietnam」
    • 7. 富徳会研究者助成金「歯肉炎予防を目的とした口腔内認識型の歯科健康教育プログラムの開発」

    2015

    • 1. 川口陽子(代表)、宮崎秀夫、森田学、安藤雄一、深井穫博、佐藤眞一、津金昌一郎(分担):労災疾病臨床研究事業補助金「歯科口腔保健と作業関連疾患との関連に関する実証研究」
    • 2.財津崇(代表):文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「唾液防御機能の向上によるう蝕・歯周病予防プログラムの開発と効果の検証」
    • 3. 古川清香(代表):文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「舌苔付着のメカニズムの解明~臨床応用可能な舌苔評価方法の確立~」
    • 4. 大貫茉莉(代表) :文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「学校における体験型口腔健康教育プログラムの開発と評価」
    • 5. 植野正之(代表):ネスレ栄養科学会議助成金「Investigation of the association between taste hyposensitivity and nutrition in young populations」

    2014

    • 1. 川口陽子(代表)、宮崎秀夫、森田学、安藤雄一、深井穫博、佐藤眞一、津金昌一郎(分担):労災疾病臨床研究事業補助金 「歯科口腔保健と作業関連疾患との関連に関する実証研究」
    • 2.植野正之(代表),川口陽子,古川清香,竹原祥子,大貫茉莉(分担):文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C 「日本版オーラルヘルスリテラシー評価法の開発に関する研究」
    • 3.財津崇(代表) :文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「唾液防御機能の向上によるう蝕・歯周病予防プログラムの開発と効果の検証」
    • 4. 古川清香(代表):文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「舌苔付着のメカニズムの解明~臨床応用可能な舌苔評価方法の確立~」
    • 5. 大貫茉莉(代表):文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「学校における体験型口腔健康教育プログラムの開発と評価」

    2013

    • 1.川口陽子(代表), 植野正之(分担):厚生労働科学研究費補助金 (循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 )「地域やライフステージを考慮した歯および口腔の健康づくりの支援体制の構築に関する研究」
    • 2.植野正之(代表),川口陽子,古川清香,竹原祥子,大貫茉莉(分担):文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C 「日本版オーラルヘルスリテラシー評価法の開発に関する研究」
    • 3. 古川清香(代表):文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「舌苔付着のメカニズムの解明~臨床応用可能な舌苔評価方法の確立~」
    • 4. 大貫茉莉(代表):文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「学校における体験型口腔健康教育プログラムの開発と評価」
    • 5.財津崇(代表) :文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)「唾液防御機能の向上によるう蝕・歯周病予防プログラムの開発と効果の検証」
    • 6.イイアン(代表):冨徳会研究者助成金「ミャンマーにおける口臭の実態」

    2012

    • 1.川口陽子(代表), 植野正之(分担): 厚生労働科学研究費補助金 (循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 )「地域やライフステージを考慮した歯および口腔の健康づくりの支援体制の構築に関する研究」
    • 2.植野正之(代表),川口陽子,古川清香,竹原祥子,大貫茉莉(分担):文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C 「日本版オーラルヘルスリテラシー評価法の開発に関する研究」

    2011

    • 1.  川口陽子(代表), 植野正之(分担): 厚生労働科学研究費補助金 (循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 )「地域やライフステージを考慮した歯および口腔の健康づくりの支援体制の構築に関する研究」
    • 2. 竹内 晋:富徳会研究者助成金「洗口吐出液の濁度を応用した口腔保健状況の評価法の開発」

    2010

    • 1. 川口陽子(代表), 品田佳世子, 植野正之(分担): 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究B 「脳神経外科入院患者に対する包括的口腔管理システムの構築に関する研究」
    • 2. 川口陽子(代表): 共同研究(ライオン株式会社) 「口腔保健状況が口気中の揮発性硫黄化合物(VSC)及びVSC以外の成分へ及ぼす影響に関する研究」
    • 3. 川口陽子(代表): 受託研究(東京都教育委員会) 「平成22年度東京都学校保健統計に関する研究」
    • 4. 品田佳世子(代表):文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C 「口臭症の診断と治療システム構築に関する研究」

    2009

    • 1. 川口陽子(代表), 品田佳世子, 植野正之(分担): 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究B 「脳神経外科入院患者に対する包括的口腔管理システムの構築に関する研究」
    • 2. 川口陽子(代表): 共同研究(ライオン株式会社)「口腔保健状況が口気中の揮発性硫黄化合物(VSC)及びVSC以外の成分へ及ぼす影響に関する研究」
    • 3. 川口陽子(代表): 受託研究(東京都教育委員会) 「平成21年度東京都学校保健統計に関する研究」
    • 4. 川口湯子(分担): 若手研究者交流支援事業「医歯学領域の若手研究者育成事業 -東南アジア国際医療ネットワークの構築-」
    • 5. 川口陽子(代表): 財団法人8020推進財団指定研究「多目的コホート研究における口腔と全身の健康に関する研究」
    • 6. 品田佳世子(代表): 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C 「口臭症の診断と治療システム構築に関する研究」
    • 7. 南郷里奈(分担): 厚生労働省統計情報総合研究事業 「厚生労働統計調査の精度向上および有効利用に関する研究」
    • 8. 小西千里(代表): 冨徳会研究者助成金「脳神経外科病棟入院患者に対する専門的口腔ケアの介入効果に関する研究」
    • 9. Patchraphol Samneing(代表): 冨徳会研究者助成金「タイにおける高齢者の口腔保健状況に関する疫学調査」

    2008

    • 1. 川口陽子(代表), 品田佳世子, 植野正之(分担): 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究B 「脳神経外科入院患者に対する包括的口腔管理システムの構築に関する研究」
    • 2. 川口陽子(代表): 厚生労働省 老人保健健康増進等事業「嚥下性肺炎のハイリスク者に関する研究事業」
    • 3. 川口陽子(代表): 財団法人8020推進財団指定研究「多目的コホート研究における口腔と全身の健康に関する研究」
    • 4. 川口陽子(代表): 受託研究(東京都教育委員会) 「平成20年度東京都学校保健統計に関する研究」
    • 5. 川口陽子(代表): 共同研究(ライオン株式会社) 「口腔保健状況が口気中の揮発性硫黄化合物(VSC)及びVSC以外の成分へ及ぼす影響に関する研究」
    • 6. Pham Anh Vu Thuy(代表): 冨徳会研究者助成金「ベトナムにおける口臭症の実態調査と歯周疾患との関連性について」
    • 7. 柳澤智仁(分担): 厚生労働省老人保健健康増進等事業 「口腔機能向上及び栄養改善サービスに従事する人材確保の効果的推進に関する調査研究」
    • 8. 南郷里奈(分担): 厚生労働省統計情報総合研究事業「厚生労働統計調査の精度向上および有効利用に関する研究」

    2007

    • 1. 川口陽子(分担): 厚生労働科学研究費補助金 医療安全・医療技術評価総合事業 「口腔機能と口腔疾患の効果的なスクリーニング法に関する研究」
    • 2. 川口陽子(代表): 8020推進財団指定研究「多目的コホート研究における口腔と全身の健康に関する研究」
    • 3. 白田千代子(代表), 川口陽子, 品田佳世子, 植野正之(分担): 8020公募研究 「自立高齢者に対する口腔機能向上プログラムの評価」
    • 4. 柳澤智仁(代表): 冨徳会研究者助成金「禁煙による歯周疾患罹患リスクの変化に関する研究」

    2006

    • 1. 川口陽子(代表), 品田佳世子, 植野正之(分担): 文部科学研究費補助金 萌芽研究 「マスメディアによる歯科健康情報の分析と評価に関する研究」
    • 2. 川口陽子(分担): 厚生労働科学研究費補助金 医療安全・医療技術評価総合事業 「口腔機能と口腔疾患の効果的なスクリーニング法に関する研究」
    • 3. 植野正之(代表): 8020公募研究「要介護高齢者に対する専門的口腔ケアの人員配置と効果に関する研究」
    • 4. 白田千代子(代表), 川口陽子(分担): 8020公募研究「自立高齢者に対する口腔機能向上プログラムの評価」
    • 5. 伊藤僚子(代表): 冨徳会研究者助成金「食のQOLと口腔保健状況との関連について」

    2005

    • 1. 川口陽子(分担): 厚生労働科学研究費補助金「口腔疾患,特に歯周疾患に及ぼす煙草煙の悪影響とその対策に関する研究」
    • 2. 川口陽子(代表): 文部科学研究費補助金 萌芽研究 「マスメディアによる歯科健康情報の分析と評価に関する研究」
    • 3. 川口陽子, 品田佳世子, 植野正之(分担): 受託研究 「サイクロデキストラン(CI)添加砂糖等を用いた新規食品の開発研究」
    • 4. 植野正之(代表): 8020公募研究 「要介護高齢者に対する専門的口腔ケアの人員配置と効果に関する研究」
    • 5. Bilgee Jigjid(代表): 冨徳会海外留学研究者助成金 「Oral health status investigation of Mongolian preschool children for further effective Prevention Program」
    • 6. 古川清香(代表): 冨徳会研究者助成金 「タバコと歯科疾患に関する健康情報の行動科学的分析」

    2004

    • 1. 川口陽子(代表), 品田佳世子(分担): 財団法人浦上食品・食文化振興財団研究助成金 「要介護高齢者の口腔機能と食形態や食への満足度との関連性について」
    • 2. 川口陽子(代表): 8020推進財団 8020研究助成金 「国際データバンク蓄積のためのデータ収集」
    • 3. 川口陽子(分担): 厚生労働科学研究費補助金 「口腔疾患,特に歯周疾患に及ぼす煙草煙の悪影響とその対策に関する研究」
    • 4. 川口陽子(代表): 財団法人日中医学協会 「中華人民共和国における口臭および歯周疾患予防プログラム構築のための疫学調査」
    • 5. 品田佳世子(代表), 川口陽子(分担): 8020推進財団 「口臭予防に関するセルフケア支援の普及啓発プログラムの開発」

    2003

    • 1. 川口陽子(代表), 品田佳世子(分担): 財団法人浦上食品・食文化振興財団研究助成金「要介護高齢者の口腔機能と食形態や食への満足度との関連性について」
    • 2. 川口陽子(代表): 8020推進財団 8020研究助成金「国際データバンク蓄積のためのデータ収集助成金」
    • 3. 川口陽子(分担): 厚生労働科学研究費補助金 「口腔疾患,特に歯周疾患に及ぼす煙草煙の悪影響とその対策に関する研究」
    • 4. 品田佳世子(分担): 文部科学研究費補助金「嚥下障害患者への継続治療・看護の包括的ケア介入基準と効果指標の作成」

    2002

    • 1. 川口陽子(分担): 厚生科学研究費補助金「歯科疾患の予防技術・治療評価に関するフッ化物応用に関する総合的研究」
    • 2. 品田佳世子(分担): 文部科学研究費補助金 「嚥下障害患者への継続治療・看護の包括的ケア介入基準と効果指標の作成」
    • 3. 川口陽子(代表): 8020推進財団 8020研究助成金「国際データバンク蓄積のためのデータ収集研究助成金」
    • 4. 丸亀知美, 品田佳世子, 川口陽子: 8020研究助成金8020推進財団 「国際的にみた政府統計データベースを利用した歯科領域研究の実態調査」

    2001

    • 1. 川口陽子(分担): 厚生科学研究費補助金「歯科疾患の予防技術・治療評価に関するフッ化物応用に関する総合的研究」
    • 2. 川口陽子(代表): 8020推進財団 8020研究助成金「8020達成者のための定期的な予防管理の効果」
    • 3. 川口陽子(代表): 8020推進財団 8020研究助成金「口腔保健の国際比較データバンク調査研究」

    2000

    • 1. 川口陽子: 厚生科学研究費補助金「歯科疾患の予防技術・治療評価に関するフッ化物応用に関する総合的研究」
    • 2. 品田佳世子(代表): 文部科学研究費補助金 基盤研究C「食品中の物質がう蝕および歯の修復機構に及ぼす効果の基礎的研究」
  • 2019
    2017
    2014
    2011
    2010
    2008
    2006
    2005
    2001

    2019

    • 1. 財津 崇: 第78 回日本公衆衛生学会総会ポスター賞, 日本公衆衛生学会, 2019 年09 月

    2017

    • 1. 財津 崇:第76 回日本公衆衛生学会総会ポスター賞,日本公衆衛生学会,2017 年11 月

    2014

    • 1. 植野正之:東京医科歯科大学歯学研究奨励賞

    2011

    • 1.Melissa Adiatman: J.Morita Junior Investigator Award for Geriatric Oral Research Second PRIZE Adiatman M, Takehara S, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y:Functional Tooth Units and Nutritional Status among the Indonesian Elderly. 89th General Session & Exhibition of the IADR, March 16-19,2011.
    • 2.柳澤智仁: 平成23年度日本口腔衛生学会論文奨励賞 Yanagisawa T,Ueno M,Shinada K,Ohara S,Kawaguchi Y: Validity of self-reported masticatory function in a Japanese population

    2010

    • 1. 柳澤智仁: 口腔衛生関東地方研究会 会長賞 柳澤智仁, 植野正之, 品田佳世子, 大原里子, 川口陽子: 喫煙,禁煙状況と現在歯数との関連-8020達成を目指して-

    2008

    • 1. 品田佳世子: 平成20年度 日本口腔衛生学会学術賞 LION AWARD Shinada K, Tagashira M, Watanabe H, Sopapornamorn P, Kanayama A, Kanda T, Ikeda M, Kawaguchi Y: Hop bract polyphenols reduced three-day dental plaque regrowth. Journal of Dental Research, 86: 848-851, 2007.

    2006

    • 1. Jigjid Bilgee: AAPD Morita Award 1st Prize. Jigjid B, Ueno M, Shinada K, Kawaguchi Y: Relationship of Dental Caries with Socio-economic and Behavioral Factors of Preschool Children in Ulaanbaatar City, Mongolia. 7th Asian Academy of Preventive Dentistry, 2006.

    2005

    • 1. 南郷里奈: 平成18年度日本口腔衛生学会論文奨励賞. 南郷里奈: わが国における歯科受診状況および診療内容の推移-1994年以降における診療行為別診療報酬額の分析を中心として-. 口腔衛生会雑誌 55(5):586-599, 2005.
    • 2. 杉浦 剛: 第4回日本歯科医学教育学会学術奨励賞. Sugiura G, Shinada K, Kawaguchi Y: Psychological well-being and perception of stress amongst Japanese dental students. European Journal of Dental Education, 9:17-25, 2005.

    2001

    • 1. Khristine M. G. Carino: IADR Lion Award 2001 Khristine M. G. Carino, K. Shinada, Y. Kawaguchi: Risk Factor for Early Childhood Caries among Filipino Pre-School Children